本物のお金持ちが乗る車とは?

超高級車の代名詞「ロールス・ロイス」

お金持ちが乗る車といわれて、真っ先にイメージするのは、運転手付きの超弩級の高級車でしょう。代表的なメーカーは、メルセデス・マイバッハや、ロールス・ロイスなどが挙げられます。アメリカなどではキャデラックが「富の象徴」と呼ばれています。

その次に、お金持ちの中でも車好きなお金持ちが所有するといわれるコレクションは多数あり、新車価格が3億円や5億円の高級車とは違い、お金をいくら積んでも買えない価値を持つ車などが多くあると言われています。

アメリカンドリームを高級アメ車ブランド「キャデラック」
(画像の車種はエルドラード)

新車価格が高いことと、古くなった車にプレミアムな価値がついたもの、これらは全く異なった趣味で、興味深い物でもあります。

お金を積んでも買えない価値のある車とは、どんなものなのでしょうか。

大富豪のカーコレクションが集結 「エミレーツ国立自動車博物館」

アラブにある「エミレーツ国立自動車博物館」は、大富豪のカーコレクションが集結していることで有名。

博物館の収蔵車には、実際に動く世界一大きなジープ(日本の一軒家ほどのサイズ)や、虹色のメルセデス・ベンツ 560SELをはじめ、石油王好みの名車・カスタム車がズラリ。

数千万円クラスの車に、数千万の改造費を投入したところで何とも思っていないのではないでしょうか。まるで、子供がオモチャを改造したような車ばかりといった具合で、「癖」の強い車が多いように思います。

そんな、少し癖のある個性的な超高級VIPカートップ10を価格順で発表します。

(広告の後にも続きます)

【10位】ジャガー C-X75

ジャガー C-X75

C-X75の価格は約1億円と超高額ですが、ランキング内では最もリーズナブル。

ただのハイパーカーではこのランキングにはエントリーしなかったでしょう。その理由はこの車が「PHEV(プラグインハイブリッド)」であるためです。

C-X75のここが凄い!

ジャガー C-X75

C-X75は、最高出力850bhp、最大トルク1,000N・mを発揮するハイパーカーです。その心臓は、ターボとスーパーチャージャーによって過給される、F-1譲りの1600ccで4気筒のエンジンは、10,000rpmで502bhpを発揮します。

ジャガー C-X75

さらに390bhpを発揮するモーターと合わさり、0-160km/hのフル加速を6秒以下。1億円でハイブリッド仕様のレーシングカーが買えてしまうようなものです。