スズキ エアトライサーとは?

スズキ エアトライサー エクステリア
スズキ エアトライサー

エアトライサーは、スズキが2015年開催の第44回東京モーターショーで出展したミニバンタイプのコンセプトカーです。ウォームシルバーの部分が赤いキャビンを包み込むような二重構造のデザインに。温かい雰囲気をもたせながらも、重厚感のあるスタイリングを実現したといいます。

フォルクスワーゲン ブリー
フォルクスワーゲン ブリー

一見するとフォルクスワーゲンのブリー(写真二枚目)と見間違えそうになりますが、これも過去の連携の賜物でしょう。今までの技術を踏襲しながらもスズキ初の3列シート、7人乗りハイブリッドカーを生み出したのです。

(広告の後にも続きます)

エアトライサーの近未来的な内装

スズキ エアトライサー サイド
ドア中央のスズキロゴにタッチすることで自動ドアが開く仕組みに。

サイドはこのようなデザイン。ワンボックスタイプで、ドアはスライドドアの観音開きとなっています。

自動でシートアレンジを行う

スズキ エアトライサー 内装
ドアは大開口スライドドアを備え、優れた乗降性を誇る

普段は通常の乗用車と同様に、前席が進行方向側を向いた3列レイアウトです。

スズキ エアトライサー シートアレンジ1
前席側の居住性を高めるため、ステアリングは自動で上向きにシフトする

シートを折りたたむことで、まるで家のリビングかのような居住空間がうまれます。床には座席を移動させるレーンのような穴があり、自動で好みのレイアウトへと変化します。

スズキ エアトライサー シートアレンジ2

さらには中央をつなげ、U字型ソファのようにすることも可能。トランプのようなカードゲームなどを楽しむ際に便利そうです。

当時のスズキ商品企画課・長柄早織氏によると「移動中だけでなく止まって仲間と過ごす時間を大事に考えた」とのことです。

マルチに使える大型ディスプレイを搭載

スズキ エアトライサー ディスプレイ

前席と後部座席の中央付近に配置されている大型ディスプレイは、乗車している人のスマートフォンをリンクさせることが可能。音楽を聴いたり写真のスライドショーを流したりと、マルチに使用することができるといいます。

家具を意識した温かみのあるコックピット

スズキ エアトライサー コックピット

全体的に家具を意識して作り込まれているというエアトライサーの内部。その意匠がステアリングや操作系統の細部まで反映されているというから驚きです。各部位は至ってシンプルで、居住性を損なわないということを徹底してデザインされています。