みなさんお久しぶりです! ご無沙汰しております!
新年度が始まりバタバタな日々に追われているなか(主婦は何かと忙しく…(笑))、やっと自分の時間をとることができたので、久しぶりに錦江湾オフショアに行ってきました。

今回は浜町の港から出船する「釣り船まりや」さんにお世話になり、タイラバでアマダイをねらうという釣り。これまでエサ釣りでしかねらったことがなかったアマダイを釣り、そして、美味しく料理してみましたので、その模様をお伝えしたいと思います。

錦江湾で流行りの、タイラバタックルで挑むアマダイ(?)に挑戦!

この日は、竹迫船長曰く「最初にタイラバでマダイをねらって、そのあとアマダイねらい。そして最後に泳がせをしましょう!」と、なんと豪華な3本立て! ワクワクが止まらないメニューでした(笑)。

といったワケで、まずはタイラバです。結果は……、はい~私は安定のボウズでしたー。もちろん周りの方は立派なマダイを釣っていましたよ。
そしてお次は、気を取り直してアマダイ釣りです! 私はこれまでにアマダイ釣りといったら、100mくらいの深場でホタルイカなどのエサを付けて専用の仕掛でしか釣ったことしかなく、冬場の寒いときにしか釣れないと思っていたのでとても驚きました。最近の錦江湾では、アマダイ釣りは80mくらいの水深をタイラバでねらうとのこと。高級魚アマダイがルアーで手軽に釣れるということで、早速挑戦してみました。

(広告の後にも続きます)

海底をイメージしながらアマダイをねらう

タイラバのヘッドはなるべく重めのものをということで、今回私は150gのヘッドを準備しました。船長曰く、「スカートネクタイは緑やグロー系がよく、わちゃわちゃしている方がよい」とのことで、ハヤブサの「フリースライド フィンテールショート ラバー&フックセット」のインパクトグローを使用することにしました。


フリースライド フィンテールショート ラバー&フックセット(ハヤブサ)

早速、80mの底に着底したら10回くらい巻いてまたドスンと落とすの繰り返しをします。アマダイはおおむね砂泥地に生息していて、砂泥地に巣穴を掘ってベイトを待ち続ける習性があると以前から知っていました。なので、そんな習性をイメージしながら、初めてご一緒のお隣さんと「いまドスンとヘッドが落ちたから砂ボコリが立ってますよね? きっと巣穴から見てますよね?」な~んて話しつつ、アマダイが食いつくイメージを想像していると、あ、なんかキターーーー!!

掛った魚はマダイのようにコンコンと叩かず、ただ何か付いている感じ。とにかくバレない(外れない)ように丁寧に巻き巻きしました。もしアマダイだったら巻き終わるちょっと前、あと10数mのところでいつも暴れます! さぁどうかな……? すると、残り15mでいい感じに暴れてくれました。 やったー! アマダイ確定です! そしてついに釣り上げると…テッテレ~! 期待を裏切らず、立派な赤アマダイが釣れてくれました!

アマダイは赤・黄色・白と3色の種類がありますが、私はまだ白(高級だそうです)だけ釣ったことがありません。この日、お隣の遊漁船では同じころに白アマダイが釣れていたようですが、赤アマダイちゃんでも嬉し~い!
そしてこの日の私の釣果はこのアマダイと、その後の泳がせ用に釣ったアジオンリーでした(笑)。