マツダの「“26人乗り”ロータリースポーツ」!? 高出力エンジンのハイグレードマシン! 謎の「“R26”パークウェイ」とは

マツダを象徴する「ロータリーエンジン」はかつて、スポーツカーのみならずセダンなどにも搭載されていましたが、なかでもスゴイのが「マイクロバス」への搭載例でした。どのようなクルマだったのでしょうか。

バスなのに「レッドゾーン7000回転」! 斬新すぎる「ロータリー26」

 かつてマツダは、RX-7以外にも様々なモデルに「ロータリーエンジン」を搭載していました。なかでも、マイクロバスにロータリーエンジンを搭載したことも。
 
 今や伝説の存在となった「パークウェイ ロータリー26」とは、どのようなマイクロバスだったのでしょうか。

 小口の輸送や送迎などで活躍するマイクロバス。法的には、車両総重量8トン未満かつ、最大積載量5トン未満の車体で、乗車定員11名から29名のバスを指します。

 そのため11人乗りのトヨタ「ハイエース」や、日産{キャラバン」もマイクロバスに含まれますが、多くの人は、トヨタ「コースター」などの一回り大きな車両を思い浮かべるのではないでしょうか。

 現在ではトヨタと三菱ふそう、日野が生産するのみとなりましたが、以前は日産、マツダ、さらにはダイハツまでもが販売を行なっていました。

 そのマツダは、なんとロータリーエンジンを搭載するマイクロバスを販売したことがあります。

 それが、1974年に発売を開始したパークウェイ ロータリー26です。

 1972年登場のパークウェイ26は、高級感と快適性の高さを売りにしていました。これに654cc×2の排気量から最高出力135ps/6500rpm、最大トルク18.3kg-m/4000rpmを発生する「13B」型ロータリーエンジンを搭載したのが、パークウェイロータリー26でした。

 当時「ルーチェAP」や「コスモAP」、「ロードペーサー」に積まれていた13B型エンジンに比べても、最大トルクが少し細い以外は、ほぼ遜色ないパワーが与えられていました。

 またパークウェイ用の13B型も、ルーチェAPなどと同様に、公害対策が施されたAP(アンチポリューション)仕様でした。

 車体に誇らしげに描かれた「RE13」のロゴ、マイクロンバスとしては異例の、許容回転数6500回転/レッドゾーン7000回転まで刻まれた後付けのタコメーターも、パークウェイロータリー26の特徴でした。

 グレードは26人乗りの「デラックス」と、サロン感覚の高級内装を持つ13人乗りの「スーパーデラックス」が用意されていました。車名の26は26人乗りを示していましたが、13人乗りでもパークウェイ26のままでした。

 クーラーは基本的には未装着。クーラーを搭載する場合は、クーラーを駆動するために「ボンゴ」用のPB型1リッターガソリンエンジンを「サブエンジン」として別に後部に搭載する必要があり、乗車定員も22名とされていました。

 レシプロエンジンのパークウェイ26が搭載していたXA型2.5リッターもしくはXB型2.7リッター4気筒ディーゼルとVA型2リッター4気筒ガソリンエンジンでは、最高出力はそれぞれ77ps/81psと92psでしたので、パークウェイロータリー26は1.5倍前後の馬力があったことになります。

 多くの国産マイクロバスのエンジンが軒並み100ps前後の時代、135psを誇る13B型ロータリーエンジンは確かに力があり、全長6.2m、全幅2m、全高2.3mの大きな車体を、最高時速120km/hで走らせることができるとカタログでうたっていました。

(広告の後にも続きます)

夢の「ロータリーエンジン」搭載が仇に!?

 高出力による優れた走行性能、高い静粛性、当時の国内基準を大幅に下回るクリーンな排出ガスが、ロータリーエンジンのアドバンテージでした。

 その優位性によって、パークウェイ ロータリー26は快適な移動空間を提供。カタログには「個人あるいは家族のためのロータリーエンジンが、いま公共のためのパワーソースとして、その価値をお見せする時代が、やってきたのです(原文ママ)」とまで書かれており、静かでパワフル、かつ環境への優しい低公害マイクロバスとして、マツダがいかに大きな期待を寄せていたのかがわかります。

 ところがマツダの計画も虚しく、パークウェイロータリー26は2年で生産が終わり、販売台数もわずか44台に留まりました。

 その理由は、ロータリーエンジンの欠点でもある燃費の悪さや高回転型エンジンの扱いにくさ、そして高価格がネックになったのではないかと推測されます。

 グレードが違うので単純な比較にはなりませんが、標準的なパークウェイ 26ディーゼルが190万円のところ、パークウェイ ロータリー26 スーパーデラックスは395万円もしたのです。

※ ※ ※

 残念ながら商業的には失敗作となってしまったパークウェイ ロータリー26ですが、開発の心意気や現存数の少なさから、今では伝説の存在となっています。

「ロータリゼーション」と称し、ロータリーエンジン搭載車種の拡大を図っていた当時のマツダらしいエピソードとして、これからも語り継がれていくに違いありません。