●HONDA DAX125 車両解説

 昔懐かしい“ダックス”が125となって生復活したのは2022年7月。
 オリジナルの原付一種バージョンのダックスは、「車に積めるレジャーバイク」をコンセプトに1969年8月に発売開始された“ファニー・バイク”だった。その姿も似つかわしく愛らしい猟犬“ダックスフンド”から命名された“ホンダダックス”。1969年から1981年まで国内で販売され、愛嬌のある特徴的なスタイリングや、ゆったりとしたライディングポジションが得られる手ごろなサイズにくわえ、経済的で信頼性の高いエンジンを搭載することで好評を得たモデルで、モンキーと並び人気を集めた我が国のファニー・バイクの原点といえるモデルとなった。

 惜しくも1981年に生産終了となってしまっていたが、’80年代のアウトドア志向の高まりやレジャーの多様化に合わせ、1995年2月に国内向けとして復活販売されている。販売計画台数(国内・年間)は、4,200台で、メーカー希望小売価格は、198,000円だった。

 ここまでがダックスのストーリーの前半といえるもので、ここからは、モンキー125と同様、125モデルになってからのヒストリーが刻まれているというわけだ。

 新世代ダックスの最大の特徴は、原付二種サイズになったボディに、モンキー125同様4ストロークOHC単気筒、123cmエンジンを組み合わせて、あの懐かしい、“ダックススタイル”をTボーンフレームで忠実に再現したということに尽きる。
 
 今回は、カラーバリエーションの変更が行われ、「パールシャイニングブラック」のカラーリングを新たに設定するとともに、日常の利便性や、ツーリング時の快適性を高める純正アクセサリー(別売り:クロック&ギアポジションメーター、USBソケット、サドルバッグ左側)などもラインアップされた。

ダックス125。落ち着いた印象の“パールシャイニングブラック”を新たに設定。
ダックス125。継続色の“パールグリッターリングブルー”、“パールカデットグレー”を合わせた全3色のカラーバリエーションとした。

 

(広告の後にも続きます)

★HONDA ニュースリリースより (2024年5月23日)

 

●原付二種レジャーバイク「ダックス125」のカラーバリエーションを変更し発売

 Hondaは、原付二種(第二種原動機付自転車)レジャーバイク「ダックス125」のカラーバリエーションを変更し、8月22日(木)に発売します。

●「パールシャイニングブラック」のカラーリングを新たに設定
●日常の利便性や、ツーリング時の快適性を高める純正アクセサリー(別売り)を設定

 今回、ダックス125に、落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」を新たに設定。継続色の「パールグリッターリングブルー」、「パールカデットグレー」を合わせた、全3色のカラーバリエーションとしています。

 ダックス125は、鋼板プレス製バックボーンフレームにダックスらしさを印象づける胴長の外観を持ち、二人乗りを考慮したロングタイプのダブルシートと、パッセンジャーも握りやすいグラブバーを採用しています。
 また、日常の利便性や、ツーリング時の快適性を高めるアイテムまで、使い方の幅を広げる純正アクセサリー(別売り)として、クロック&ギアポジションメーター、USBソケット、サドルバッグ(左側)を新たに設定しています。

販売計画台数(国内・年間)

7,000台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

451,000円(消費税抜き本体価格410,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・登録などに伴う諸費用は含まれておりません