イサキ釣りといえば、船釣りや堤防・磯からのエサ釣りのイメージが強いです。

でもショアから青物やシーバスを狙っていて、イサキが釣れた経験はありませんか?

群れで行動しているイサキは、1匹釣れると連発しますし、ルアー釣りのほうが型が揃いやすい傾向があります。

ここでは、イサキのルアー釣りについて、おすすめのアイテムやタックルをご紹介しましょう。

イサキってルアーで釣れるの?

イサキは、初夏によく釣れる魚として、多くのアングラーがターゲットにしている海水魚です。

サイズは30cmから45cmぐらいのものが、よく釣れます。

エサ釣りだと、もっと小さいサイズも掛かってしまうのですが、ルアーに切り換えると良型が揃いやすい印象があります。

例えば、堤防や磯場から、ライトショアジギングゲームをおこなっているとき。

20gから30g程度のメタルジグをキャストするのですが、あまり釣果が伸びないな!と感じたら、鉄板系のバイブレーションルアーにシフトすることが多いです。

その際、やたらとバイトが増えて、フッキングすると掛かってくるのが、イサキなのです。

こんなに数釣りができるのなら、イサキをルアーで釣りたい!と思うようになり、いろいろ試してみました。

イサキの釣れる時期は、春から初夏にかけてがベストのように感じます。

大きな群れが、次々に接岸してくるのが分かるからです。

そのタイミングで、イサキがバイトしやすいルアーに切り換えると、驚くほどそのルアーに反応してくれます。

ただし、何匹か釣り上げた時点でプレッシャーがかかるのか、イサキの群れが下層に落ちます。

それに追従するには、シンキング系のルアーが対処しやすいでしょう。

ショアからのキャスティングゲームで使ってみたい、おすすめのイサキ用ルアーを3つ取り上げてみます。

まずひとつめは、ジャンプライズから発売中のチャタビー。

ABS樹脂製のワンピースボディで、とても硬く扱いやすいバイブレーションルアーです。

全長52mmは、とてもコンパクトですが、飛距離はじゅうぶん。

キレのあるアクションを継続的に発生させるので、イサキへのアピールはバッチリです。

ウエイトは10gなので、ライトショアジギングゲーム用のスピニングタックルがあれば、しっかりとロングキャストできるでしょう。

沈みは早めなので、中層から深場も探れます。

JUMPRIZE(ジャンプライズ) ルアー チャタビー52 #06 赤金グローベリー

(広告の後にも続きます)

スピンテール系ルアーはイサキに効く!

イサキ釣りにおすすめのルアーとして、ふたつめに挙げるのが、ジャクソンの鉄板ブレードです。

全長は56mmとコンパクトで、ウエイトは20g。

実際にキャストしてみると、飛距離はぐんぐん伸びてくれますし、着水してからの沈みも素早いです。

リトリーブをスタートさせると、ブレードが回転しているのが伝わってきますし、イサキがバイトしたら、この振動が消えるので分かりやすいです。

一定のレンジをトレースし続ける能力に長けているルアーなので、イサキの居場所を見つけたら、徹底してそこを攻めるのに向いています。

ブレードバイトも弾かずにフッキングできるのが、このルアーの強みでしょう。

ジャクソン(Jackson) スピンテールジグ 鉄板ブレード 56mm 20g イワシ LIW ルアー