メバルを夜釣りで狙うのに、ワーム+ジグヘッドの組み合わせが有効です。

どんなワームを選べば、効率よく大型メバルが狙えるのか、深掘りしてみましょう。

結構水温が上がってきましたが、沿岸部の平磯などには、まだまだメバルが定着しています。

メバル釣りに効くおすすめワームとは

メバル釣りに効果的な、おすすめのワームを取り上げていきましょう。

さまざまな種類が釣具店に並んでいますが、真っ先に使ってもらいたいのは、シャッドテール系ワームです。

体表に凹凸の無いものより、しっかりとリブが刻まれていて、それらができるだけ深いもののほうが、水をつかむチカラが増します。

実はこれがとても重要で、水中を確実に攪拌しながら泳ぐことになります。

ある程度の引き抵抗も発生しますから、アングラーに水中の情報が伝わりやすくなることに。

例えば、藻に触れた場合。

引き抵抗は大きく増しますし、藻から外れた瞬間も伝わってきます。

水温が上がり始める季節には、藻もよく伸びますから、こういった水中の情報はとても大切です。

当然メバルがバイトしてきても、引き抵抗は増します。

ただし、藻の場合とは明らかに違うので、その違いをしっかりと理解し覚えるようにしましょう。

藻ではない引き抵抗なら、全てフッキング動作にシフトしていいのではないでしょうか。

メバル釣り用のワームには、さほど深いリブのシャッドテール系ワームは用意されていません。

そこでおすすめしたいのが、ケイテックからリリースされている、スイングインパクトシリーズです。

スイングインパクトシリーズは、全体的には細身シェイプですが、リブは複数刻まれていて深いです。

水をかなり強めにつかんでくれるので、引き抵抗はバツグン。

手元にしっかり伝わってくる引き抵抗をまず覚え、藻との接触も体感してください。

その上で、メバルのバイトを経験すると、とてもフッキング動作への移行が楽になります。

基本的には、2inchから3inchまでのサイズを選択すると、メバルの口に吸い込まれやすいでしょう。

いきなりジグヘッドに装着してスイミングさせると、根掛かりトラブルの嵐に。

最初は、オフセットフックの4番サイズ程度を用意して、ワームボディにセットします。

上手くハリ先がリブの中に隠れますから、根掛かりトラブルは激減します。

それをキャロ仕掛けに結びます。

メバルに効くキャロ仕掛けは、ルアーのラインアイ用スナップを用意して、リールからの道糸を結ぶ前に、スイベル付きのスリムシンカーを道糸に通します。

通して遊動式にしてから、スナップの一端に道糸を結んでください。

別の一端にフロロカーボンラインを30cm前後結び、その先にオフセットフック+スイングインパクトを装着します。

フリーリグの一端に、フロロカーボンラインとスイングインパクトのノーシンカーリグが付いた状態です。

とてもロングキャストしやすいですし、ボトムとの接地感も得られ、根掛かりトラブルは少ないです。

意外と糸ヨレしないので、どんどんキャスト数を増やせるでしょう。

ケイテック(KEITECH) (Keitech) スイングインパクト 2.5インチ #101 グリーンパンプキンペッパー

(広告の後にも続きます)

エビなどの甲殻類に似たワームがメバルに効く!

メバル釣りにおすすめのワームとして、小さな甲殻類に似たワームも効きます。

上記のキャロに装着して、ロングキャストアプローチ+ボトムズル引きをおこないましょう。

具体的には、ジャッカルから発売中のシザーコームシリーズがいいでしょう。

2.5inchサイズなら、アピール度もしっかり備わっていて、水中を漂う感じが誘いの要素を膨らませてくれます。

レッグパーツがボディの横から複数本突き出ているので、引き抵抗はバッチリ。

もし抵抗が強過ぎると感じたら、1対をカットして使ってみましょう。

JACKALL(ジャッカル) シザーコーム2.5 ROCKFISH 完熟メロン