クルマの乗り心地や走行性能などに影響する足回りは、経年劣化や強い衝撃などによって壊れることがあります。故障のサインが見られた際に気になるのは、修理費用や依頼先です。今回は、クルマの足回りの故障のサイン・前兆・症状やおおよその費用の相場について解説します。

クルマの足回りの分類

「足回り」は1つのまとまった部品を指す言葉ではありません。さまざまな部品を総称して「足回り」と呼びます。ここでは、「足回り」に含まれる主な部品を紹介します。

サスペンション

サスペンションは、乗り心地を安定させ、路面からの衝撃を吸収する緩衝部品です。

さまざまな部品によって構成されているだけでなく、いくつかのタイプが用意されており、クルマによってサスペンション形状や構造、構成部品などが異なります。

数多くの部品で作られているサスペンションにおいて、乗り心地や走行性能などに影響する主な部品は、コイルスプリングとショックアブソーバー(ダンパーともいわれる)です。これらの部品が壊れたり劣化したり破損したりすると、乗り心地の悪化や路面の衝撃がダイレクトに乗員に伝わるなどの問題が起こります。

ボールジョイントブーツ

ボールジョイントブーツは、部品のつなぎ目であるジョイント部分に取り付けられています。ゴム製のため、時間の経過とともに劣化して割れたり切れたりすることがあり、定期的な点検や交換が必要です。

ブレーキ

ブレーキは、クルマを減速させたり停止させたりする重要な部品です。ホイールとともに回転するブレーキローターにブレーキパッドを押し付けることで制動力を発揮します。摩耗する部品であるため、定期的な点検や部品交換が必要です。

タイヤ・ホイール

路面と接地している唯一の部品がタイヤです。そのタイヤを取り付ける部品をホイールといいます。

タイヤは、路面との摩擦によって、「走る」「曲がる」「止まる」というクルマの基本性能を発揮します。走行すると摩耗する部品のため、定期的な点検や交換、均等に摩耗させるためのローテーションなどが必要です。

ホイールはタイヤを取り付けている部品で、クルマの走行性能にも影響します。足元のホイールが軽いほどフットワークが軽くなるため、快適な走行を目的として交換する人も多いです。

(広告の後にも続きます)

クルマの足回りの故障のサイン

足回りが故障する前兆として、各部品から異音が発生します。ここからは、それぞれの部品が故障前にどのような異音を発するのか紹介します。

サスペンションはギシギシ・キュキュ

サスペンションに不具合やトラブルが起きると、きしむような音が聞こえたり、段差を通過した際に“ガタン”という強い突き上げを感じたりします。

ボールジョイントブーツはコトコト・ゴトゴト

ボールジョイントブーツが割れたり切れたりするとコトコトもしくはゴトゴトという音が聞こえます。操作を止めると音も止まるため、走行中のみ異音が聞こえる場合はボールジョイントブーツが故障している可能性が高いでしょう。

ブレーキはキー・シャリシャリ

ブレーキは、ローターとパッドの取り付けパーツがダイレクトに当たると、キーという音やシャリシャリという音が聞こえます。十分に減速できなくなったり停止できなくなったりするため、定期的な点検と部品交換が必要です。

ホイールのハブベアリングはゴー

走行中にゴーという異常な音が聞こえた場合は、ホイールを車体に取り付けるハブベアリングが故障している可能性が高いです。放っておくと、乗り心地が悪化したり燃費が悪くなったりします。

さらに、ホイールが外れやすくなるため、安全運転が困難になります。このような症状が現れた場合は、安全な場所にクルマを止めてホイールをチェックしてください。