自動車メーカーがラインナップする多様な車種のなかでも、高級車やスポーツカーには「ハイパワーなエンジン」が搭載される傾向にあります。

カタログに並ぶ300馬力や400馬力といったスペックに、憧れを抱く人も多いでしょう。しかし実際のところ、日本の道路環境においてそうしたパワーは本領を発揮できるのでしょうか。

今回はハイパワー車を所有したことがあるオーナーの方々に、そのメリットやデメリットについて話を聞きました。

やっぱり余裕があると運転が楽!

©eastfenceimage/stock.adobe.com

高性能なエンジンを搭載した車種に対して、「日本では宝の持ち腐れになる」という声は少なからず耳にします。実際のオーナーからすると、大きなパワーはどのようなメリットにつながるのでしょうか。

カタログスペック450馬力の輸入車を所有する男性は次のように語ります。

「ターボのない軽自動車から400馬力超えの輸入車まで色々と乗ってきましたが、やっぱり出力に余裕があった方が運転は楽しいと思いますね。公道でパワーを使い切ることはありませんけど、エンジンが静かなまま流れに乗れて、低速になってもまたすぐに立ち上がれますし。

どうしても音が大きくなると、リラックスして運転することも難しくなりますから、静かなまま加速できるのはありがたいですよ」(50代男性)

このお話にもあるように、エンジンの性能が発揮されるのは「最大出力を出しているとき」だけではありません。馬力やトルクが大きければ、それだけ普段の加速にも余裕が生じ、「静粛性」や「乗り心地」の面でもメリットが生じると考えられます。

「助手席なんだから…」は日本独自の“押し付けマナー”?

「助手席なんだから…」は日本独自の“押し付けマナー”?海外の車には「助手席」がない?助手席の本当の役割とは

(広告の後にも続きます)

精神的な余裕が「穏やかな運転」につながる?

ハンドル
©Тарас Нагирняк/stock.adobe.com

上のような「加速の余裕」は、高性能車の大きなメリットだといえるでしょう。同時に、この性能が精神的な余裕にもつながる面があるようです。最大350馬力以上の出力を誇るポルシェのSUVに乗る男性は、以下のように話してくれました。

「使う機会があるかどうかでいえば、やっぱり必要ないですよね。納車されてから、アクセルをベタ踏みしたことなんてありませんし。むしろ半分踏み込んだこともないかもしれません。

それでもストレスを一切感じない加速は魅力ですし、なにより『高性能の車に乗っている』という精神的余裕も生まれているように思います。高速で後ろから普通のファミリーカーが猛スピードで近づいてきても、『あぁ、子どものトイレかな、大変だな』と譲ったり。かえって対抗心みたいなものがなくなりますね」(40代男性)

高性能車に乗っているという意識が、かえって「ゆっくりとした運転」につながっているというのは興味深い話かもしれません。たしかに高速道路を走っていると、左車線をゆるやかな速度で流している高性能車をしばしば見かけるように思います。

「大人でも足が組める後席」期待とは裏腹に意外と座り疲れた…なぜ?

「大人でも足が組める後席」広~い後席でドライブ中も快適なはず!そんな期待とは裏腹に意外と座り疲れた…なぜ?