カワサキ「エリミネーター」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】

「ELIMINATOR」税込81万4000円


「ELIMINATOR PLAZA EDITION」税込86万9000円


「ELIMINATOR SE」税込91万3000円

2023年4月、エリミネーター・ブランドが約15年ぶりに復活し、デビューを果たした。

「気軽に楽しめる」ことを重視したコンセプトとして、ロー&ロングの伸びやかなフォルムを持つ新作の車体を採用。ロングランや高速道路での追い越し加速などでストレスなくパワーを取り出せるパフォーマンスを追求した結果、エンジンはニンジャ400やZ400に採用されている水冷DOHC2気筒エンジンをベースとしている。

ライディングポジションもネイキッドに近い自然なもので、ストリートからツーリング、ワインディングまで気軽に楽しめるモデルに仕立てられている。装備も充実しており、LEDヘッドライトや多機能デジタルメーター、ETC車載器を標準装備するほか、上級グレードの「SE」はビキニカウルやフォークブーツに加え、市販二輪車初となる前後ドライブレコーダーを標準装備するなど、新世代のクルーザーにふさわしい仕上がりとなっている。

2024年3月には早くも2025年モデルが発売された。これまでのスタンダードモデルとSEモデルに加え、新たに「プラザエディション」が登場。このプラザエディションは、中間グレードとなり、ビキニカウルやフォークブーツは備えていないが、ドラレコは搭載している。ボディカラーは「パールサンドカーキ」「パールストームグレー」の2色だ。

カラーバリエーション

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒


総排気量:398cc


ボア×ストローク:70.0×51.8mm


圧縮比:11.5


最高出力:35kW(48PS) / 10000rpm


最大トルク:37N・m(3.8kgf・m) / 8000rpm


燃料タンク容量:12L


キャスター角:30°


トレール量:121mm


変速機形式:6速リターン


ブレーキ前・後:Φ310mmシングルディスク・Φ240mmシングルディスク


タイヤサイズ前・後:130/70-18M/C 63H・150/80-16M/C 71H

(広告の後にも続きます)

カワサキ「エリミネーター」関連のおすすめ記事

[【インプレ】「エリミネーター SE」 – webオートバイ]

[【インプレ】「エリミネーター」 – webオートバイ]

[【車両解説】「エリミネーター プラザエディション」とは? – webオートバイ]

[【誕生秘話】「エリミネーター」開発者インタビュー – webオートバイ]

[【オートバイ女子部のフォトアルバム】梅本まどか × エリミネーター – webオートバイ]

[【カスタム】デイトナが「エリミネーター」を徹底カスタム – webオートバイ]

[【比較】カワサキ「エリミネーター」VS ホンダ「レブル250」 – webオートバイ]

[【2025年モデル情報】「エリミネーター」シリーズ – webオートバイ]