約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?

ホンダ「フィット」のうち、最上級仕様となる「LUXE」はどのようなモデルなのでしょうか。

もはや高級車レベル! 上質路線の「フィット」とは

 ホンダのコンパクトカー「フィット」は、使い勝手の良さや広い室内空間が支持され、ホンダにおける主力モデルとなっています。
 
 現行型ではさらに、上質な内装がプラスされた仕様がラインナップされています。どのようなモデルなのでしょうか。

 フィットは2001年に登場しました。ホンダ独自のセンタータンクレイアウト採用により、広々とした室内空間を実現したほか、スタイリッシュなデザインなどが好評を博しています。

 現行モデルは4代目で2020年に発売。視界や乗り心地・座り心地、使い心地など、4つの「心地よさ」を高め、内外装を一新しました。

 パワートレインには2モーターハイブリッド「e:HEV」を設定し、走行性能と燃費を向上。先進運転支援も「ホンダ センシング」を全モデルで標準装備するなど、安全性も高めています。

 2022年10月にはマイナーチェンジが実施され、内外装デザインをリフレッシュしたほか、パワートレインの出力向上やホンダ センシングの機能向上も図っています。

 ボディサイズは全長3995-4095mm×全幅1695-1725mm×全高1515-1570mm、ホイールベースは2530mmです。

 現行フィットの大きな特徴として、従来はグレードを装備の違いによって分別していたのに対し、内外装のコーディネートによって差別化を図った点があります。

 これにより、ユーザーの好みに合わせてタイプを選択できるようになりました。

 マイナーチェンジ後の現行モデルでは、「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「RS(アールエス)」「CROSSTAR(クロスター)」「LUXE(リュクス)」の5タイプを用意しています。

 このうちLUXEは、「洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュなタイプ」としており、全タイプの中でもっともラグジュアリーな仕上がりです。

 エクステリアではフロントグリルやドア下部、テールゲート下部にメッキガーニッシュがあしらわれたほか、ホイールもエレガントなLUXE専用デザインの16インチを装着。全体的に華やかな印象をもたらしています。

 そして、LUXEはインテリアもコンパクトカーのクラスを超えた豪華なものになっています。

 シートは本革で前席にはシートヒーターを装着。さらに、ステアリングヒーターも備わるなど、上級車と遜色のない快適装備も採用されました。

 インテリアカラーは通常のブラックに加え、ベージュに近い「ライトブラウン」(4万4000円のオプション)を用意します。

 このライトブラウンでは前後シートだけでなく、インパネやステアリング下部、センターコンソール、フロントアームレストなどもベージュ系統に統一され、明るい印象に仕上がっています。

 シートの仕立ても異なり、ヘッドレスト周囲やシートの肩口部にブラックパイピングがあしらわれたほか、背もたれと座面中央部にはキルティングとパーフォレーション(穴あけ)加工が施されています。

 さらに、シートベルトも前後シートでブラウンの専用品が装着されるなど、細部に至るまでオシャレにコーディネートされており、ほかのモデルとは一線を画す上質な空間に仕上がりました。

 パワートレインはほかの4タイプと同一で、1.5リッターガソリンモデルと1.5リッターエンジン+モーターを組み合わせるハイブリッドモデル「e:HEV」を用意。駆動方式はFFと4WDを設定しています。

 なかでもe:HEVモデルは、電動車らしい静かさとスムーズかつ力強い走りを特徴しており、LUXEのプレミアムさをさらに引き立てる上質な走行性能を実現しています。

 フィット LUXEの価格(消費税込)は222万4200円から274万8900円です。

※ ※ ※

 一方で、中間グレードHOMEにもオプションで「ライトグレー」内装を用意しており、こちらはスエード調素材×プライムスムースのシート地で明るくモダンな印象です。

 また、2023年12月には、内外装を精悍なブラックでコーディネートした「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」が追加されました。

 ラグジュアリーなLUXEに加え、HOMEとBLACK STYLE、さらにはスポーティなRSやアウトドアに映えるCROSSTARなど、ユーザーのセンスに応じて多彩なバリエーションが用意されています。