メバリングゲームを昼間から楽しんでいると、可愛い熱帯魚のような小型魚が、連発で釣れました。

体長10cnほどのサイズで、結構群れています。

その魚の名前は、ネンブツダイ。

いったいどんな習性を持っているのか、詳しく取り上げてみましょう。

ネンブツダイってどんな魚なのか知ってる?

ネンブツダイとは、スズキ目テンジクダイ科に属している海水魚のことです。

磯場でグレのウキフカセ釣りをしていると、撒き餌に群がってくる小魚の群れに遭遇することがあります。

それが、ネンブツダイです。

防波堤周りなら、ジグヘッド+ストレートワームをキャストして、メバリングやアジングをしていても、釣れることがあります。

ネンブツダイの体格は、平たくて体高は結構あるほうでしょう。

体色は、赤色がかったオレンジ系の強い色をしています。

目玉のところから暗色の縦帯が走っていて。エラのところまで続いているのが特徴です。

背ビレの近くにも、短め筋が走っています。

尾ビレの近くには、黒い斑紋があります。

ネンブツダイの体長は、10cmぐらいのものがほとんどです。

口と頭は大きいので、カサゴと体型バランスが似ているかもしれません。

マダイの仲間ではなく、テンジクダイ科の魚なので、耳石が大きいです。

ネンブツダイのオスは上唇の先端に突起があり、メスには付いていません。

メスは、卵を持つ繁殖期に体型が丸くなり、オスと見分けることがカンタンになります。

ネンブツダイの生息域は、本州の中部より南のエリアに分布しています。

日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島周辺などで、その姿を見ることができます。

水深100mまでの岩礁帯に群れで生息していて、それより浅い磯周りにも多く出現します。

小さい口でハリを丸呑みしますから、外すのがタイヘン面倒で、グレ釣りにおけるエサ取りとして有名です。

基本的には夜行性で、昼間釣れるのは、磯の岩の隙間や堤防に組まれた波消しブロックの間でしょう。

ネンブツダイの子育ての方法は、卵を産んで孵化するまで、口の中で卵を保護します。

これをマウスブリーディングと呼び、ネンブツダイはマウスブルーダーといえます。

出典:魚図鑑

(広告の後にも続きます)

メバリングゲームと同じ釣り方で狙えるネンブツダイ!

ネンブツダイの釣り方は、エサ釣り以外にルアーで釣ることができます。

体長が10cm程度なので、軽めのジグヘッドに極小のストレートワームを装着した、ジグ単を用意しましょう。

アジングゲーム用のショートレングスなスピニングロッドでもいいのですが、広範囲を探りたいなら、メバリングゲーム用のロングレングスなスピニングロッドがおすすめです。

流行りのフロートリグをセットして、磯場や防波堤からロングキャストしてください。

フロートの先端には、ジグ単を装着。

着水したらゆっくり沈めながら、フロートの真下辺りまでフォールしたかな?と感じたら、スローリトリーブを開始。

アタリは結構明確なので、ロッドを立ててリールハンドルを回しましょう。

ジグ単を丸飲みしてくれるので、バラシはさほど発生しません。