車に貼られているさまざまなステッカー

©o1559kip/stock.adobe.com

車には、ドレスアップを目的としたもののほかにも、さまざまなステッカーが貼られています。

フロントウインドウには、車検の有効期限を示す「検査標章」、法定点検を実施したことを示す「定期点検証票」(ダイヤルステッカー)が貼られ、リアウインドウには「燃費基準達成車」「低排出ガス車」といった環境性能を示すステッカーが貼られていることが多いです。

そのほかにも、リアゲートなどにはその車を販売した販売店のステッカー、ドアを開けたところにはタイヤ空気圧を指定するものや、次回のメンテナンス時期やボディコーティング実施日を示すものなどが貼られています。

これらのステッカーは、人によっては「車のデザインを損ねるから剥がしたい」と考える人も。カー用品店では車のステッカーを剥がすためのケミカル類も販売されていることがあるため、車に貼られたステッカーを嫌う人は一定数いることがわかりますね。

車検シールの位置が変更

車検シールの貼り方、貼る位置は?貼ってない・もらっていない場合はどうなる?

(広告の後にも続きます)

剥がしてはいけないステッカーは2種類

©U-image/stock.adobe.com

車に貼られているシールの中には、期限が書かれていたり、「国土交通大臣認定車」と書かれていたりするため、なんとなく「貼ってなければいけないもの」だと考えてしまいがちであるようです。

しかし、剥がしてはいけないシールは「検査標章」と「保管場所標章」の2点のみ。「検査標章」と「保管場所標章」以外の、「定期点検証票」や「燃費基準達成車」「低排出ガス車」、「ディーラーステッカー」といったシールは貼り付けが義務ではなく、剥がしてしまっても問題ありません。

また、「保管場所標章」については罰則が定められておらず、貼っていないことを理由に取り締まりを受けることは稀。そのため、販売店によっては保管場所標章の貼り付けは店側ではせず、購入者に委ねるというケースもあるようです。とはいえ、罰則がないものの貼り付けが義務付けられていることは忘れてはなりません。

なお、現在は「ディーラーステッカー」を貼らない販売店が増えており、「燃費基準達成車」「低排出ガス車」の新車への貼り付けも廃止となったため、最近新車を買った、またはこれから新車を買うという場合には、以前ほどシールが貼られていないため、特に気にならないかもしれません。

オプション選びの際には「査定時の価値」も重要?

「使わないけど付けたほうがお得」な装備も?ディーラースタッフが新車購入時に必ず選択する“高くても元が取れる”オプション