ホンダ新型「フリード」発売へ! 「エアー」と「クロスター」どっちが人気? 斬新すぎる“SUV風”の評価はどう?

ホンダ新型「フリード」が発表され、シンプルな「エアー」とSUV風の「クロスター」の2つのスタイルが設定されることが明らかになりました。どちらが人気なのでしょうか。

「エアー vs クロスター」どっちが好み?

 ホンダはコンパクトミニバンの「フリード」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、3代目となる新型モデルを2024年6月に発売します。
  
 フリードは2008年に初代モデルが登場。5ナンバーに収まる扱いやすいボディサイズに両側スライドドアや3列シートを採用し、使い勝手の良いコンパクトミニバンとして支持されています。

 8年ぶりの全面刷新で登場する新型フリードは、内外装を一新して使い勝手を高めるとともに、ハイブリッド車のパワートレインを刷新。2モーターハイブリッド「e:HEV」を採用し、走行性能の向上を図りました。

 ラインナップは上質でシンプルな「AIR(エアー)」と、アウトドアテイストを強めた「CROSSTAR(クロスター)」の2モデル展開とし、クロスターには2列シート仕様車も設定されます。

 新型フリードのボディサイズは、全長4310mm×全幅1695mm×全高1755mm、ホイールベース2740mm(エアー)。従来モデルよりも全長が45mm長くなりましたが、それ以外のサイズは変わらず、扱いやすい5ナンバーサイズを維持しました。

 新型フリード エアーは上質で洗練されたシンプルな内外装デザインとしたのに対し、新型フリード クロスターは、従来モデルよりもアウトドアテイストを強めたSUV風のスタイリングに刷新。

 ブラックガーニッシュや専用フロントグリル、ルーフレールなどを装着し、SUVらしさを増しています。

 新型フリード クロスターはSUV風のデザインを採用したことで、全幅を1720mmに拡大。フリード初の3ナンバーサイズとなりました。

 内装は、従来モデルの使い勝手の良い室内空間はそのままに、水平基調でノイズレスな視界とすることで、ドライバーの運転のしやすさはもちろん、乗員全員が開放感を感じられる車内を目指して開発。

 これまでも好評だったシートアレンジはさらに使いやすさが追求され、1列目のシート形状を工夫してウォークスルーしやすくなったほか、荷室利用時などシートを跳ね上げて収納することも多い3列目シートは、座り心地の良さを維持しながらシートの軽量化と構造部の薄型化をおこないました。

 さらに、リアクーラーの採用やリアクォーターガラスの面積を拡大するなど、2列目や3列目の快適性をさらに高めています。

 新型フリード エアーの内装は、肌に触れるパーツに優しい触感の素材と、丸みを帯びた形状としたことで、安心を感じられるような空間を表現。

 新型フリード クロスターは、ブラックとカーキの2トーンカラーを採用し、アクティブさを表現しつつ、荷室にユーティリティーサイドパネルやテールゲートにユーティリティーナットを採用し、自由な使い方ができるような工夫を施しました。

 エアーとクロスターのふたつのタイプが設定され、より明確な違いを持たせた新型フリードについて、くるまのニュースではSNSユーザーに対してアンケートを実施しました。

「新型フリード エアーとクロスターではどちらが好みですか?」という質問に対して、今回の調査では新型フリード エアーが好みだと回答した人が68.7%にのぼり、新型フリード クロスター(31.3%)を上回る結果となっています。

 新型フリード エアーを選択した人の声として「すっきりシンプル」「シンプルだけどカッコいい」「都会的なかんじが良い」「エアーの方が可愛いから」など、クリーンで飽きのこないシンプルなデザインが好評のようです。

 一方の新型フリード クロスターを選んだ人からは「SUVっぽい」「アウトドアが好きだから」「ツートーンが良い」「遊び心がある」といったコメントが寄せられており、アクティブなSUVらしさを求める人に好まれていることがわかりました。

※ ※ ※

 新型フリード エアーは3列シート6人/7人乗り、新型フリード クロスターは3列シート6人乗りと2列シート5人乗りが設定されるのですが、回答者のなかには乗車人数に言及する人も存在。

「2列5人乗りがクロスターでしか選べないのが残念。エアーにも設定してほしい」「5人乗りがクロスターだけだから、クロスターがいい」といった意見も寄せられました。