三菱の新型「軽SUVワゴン」発売! 可愛い「オシャグリーン2トーン」新設定! 先進安全装備も強化の「超凄いeKクロス」約256万円から

三菱自動車は2024年5月16日、軽EV「eKクロス EV」の改良モデルを発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

各種機能を新搭載しパワーアップ

 三菱自動車は2024年5月16日、軽EV「eKクロス EV」の新たな一部改良モデルを販売開始しました。

「eKクロス EV」は、SUVテイストの軽自動車にEV要素を追加したクルマとして、2022年夏に登場。

 新開発の駆動用バッテリー(総電力量20kWh)を搭載し、通勤や買物、送迎といった日常使いに十分な「一充電走行距離180km」を実現しています。ノーマル、エコ、スポーツの3つのドライブモードを設定でき、運転状況に応じて選択可能。アクセルペダルの操作で加減速をコントロールできる、イノベーティブペダル オペレーションモードも採用しています。

 駆動用バッテリーは薄型化され床下に配置していることから、広々とした後席ニールームを実現でき、快適な車内空間となっています。

 今回の一部改良では、まず運転支援機能「三菱e-Assist」が搭載され、サポカーSワイドに対応している『eKクロス EV』の安全機能をさらに強化。

 新採用の「エマージェンシーストップシグナルシステム」は、急ブレーキ時やABS作動時に、ストップランプが自動で高速点滅し、後続車に注意を促す機能です。

 車両後方の視認性を向上させるため、マルチアラウンドモニター(Pグレード)、リヤビューモニター付きルームミラー(Gグレード)がそれぞれ標準装備となります。

 また、「MITSUBISHI CONNECT」の機能を強化。ドアロックのリモート操作が新たに可能になりました。また車内がルーターとなり、NTTドコモ「docomo in Car Connect(R)」プランに加入することで、定額で車内Wi-Fiが使い放題となります。

 さらに、ボディカラーも新たに3色が追加。ツートーンカラーは「アッシュグリーンメタリック×ホワイトソリッド」「ライラックピンクメタリック×ブラックマイカ」、モノトーンは「アッシュグリーン×メタリック」が新登場で、それぞれ有料オプションで選択可能です。これでボディカラーは全10種類となります(ツートーン、モノトーンそれぞれ5種類)。

 販売価格(消費税込み)は、グレード「G」が256万8500円、グレード「P」が313万1700円。なお「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」(55万円)の対象であり、それを適用した場合の実質購入額はそれぞれ、201万8500円、258万1700円です。