ハイブリッドなのにスポーツカー!? C 63 Sに新世代のAMGを見た

文●工藤貴宏 写真●澤田和久、内藤敬仁

 あの「C63」が4気筒に!

 そんなニュースを聞いて驚いたのは、きっと筆者だけではないでしょう。「C63」といえばメルセデス・ベンツCクラスのAMGモデルに用意される最上の高性能モデルであり、これまでは8気筒がお約束。それが6気筒を飛ばしていきなり4気筒ときたのだから、正直なところ「オマエもかよ」という気持ちになるのも仕方ないところ。二酸化炭素排出量削減(=低燃費化)の要求からくるダウンサイジングの流れは誰にも止められないとはいえ、シリンダーの数が半分になっちゃうなんて。排気量は“わずか2.0L”しかないし。

最高出力は680馬力! F1由来の電気ターボを搭載


C 63 S Eパフォーマンス

 ……と思ったわけですが、最高出力の数字を見て気を取り直しました。スペック表に書かれていた最高出力の数字はなんと680㎰!! 打ち間違いなんかじゃなくて“ろっぴゃくはちじゅう”です。ひと昔前まで日本車の最高出力は“上限280㎰”という暗黙の協定があったけど、スーパーカーでも何でもない超高性能セダンに搭載するパワーユニットの最高出力がその2倍を超えているのだからもう呆れるしかない。さすがC63ですね。

 ポイントはなんといってもモーターを組み合わせていることでしょう。つまりハイブリッドカーであり、エンジン単体の出力は最高476㎰で最大トルクは575Nm。モーターは204㎰で320Nmとなっている。合計で680㎰というわけ。高性能車ながらモーターによるドーピングは、今どきですねぇ。

 それにしても、ターボ付きとはいえ、職人が手組したエンジンとはいえ、いくらなんでも排気量が“たったの2.0L”しかないのに最高出力476㎰は凄すぎませんか? その秘密のひとつがターボチャージャー。なんとモーターを組み合わせた電気ターボとなっているのです。

 電気ターボのメリットは高出力型のターボが苦手とするレスポンスの悪さ(反応の悪さ=ターボラグ)を解消できること。瞬時に反応するモーターでタービンを回すことでその領域でもしっかりとターボを利かせられる特性としつつ、従来の一般的なターボだとレスポンスの悪さを理由に使えなかった超大型タービンを組み合わせてピークパワーを稼いで476㎰を実現できたというわけです。そのあたりは“F1由来のテクノロジー”なのだとか。「F1由来」と聞くだけでなんだかテンション上がりません?

 実はモーターの貢献はそんなエンジンだけではなく、ハイブリッドとしたこともエンジンのパワーアップと関係があるんです。エンジンが苦手とする低回転域は高出力の駆動用モーターのアシストを得ることを前提とすることで、エンジンの特性を「低速域を犠牲にしてでも、高回転でハイパワーを得る」という方向へもっていけた。モーターと組み合わせることありきのエンジンに仕立てたから実現できた、排気量2.0Lしかないのに驚き476㎰というわけ。そういう意味でも、モーターの意味は大きいのです。

(広告の後にも続きます)

これぞ大人のスポーツセダン


C 63 S Eパフォーマンス

 それにしても、この「メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス」は佇まいがいい。明らかに高性能モデルだとわかるのがいいですね。普通のCクラスのボディに対して片側で40mmも張り出したフェンダーは筆者のような“好き者”にとってはたまりません。いっぽうでトランクリッドもスポーツカーのように大きくて派手なリヤウイングではなく、小さなリヤスポイラーだけに留めたさりげなさがいいじゃないですか。


C 63 S Eパフォーマンス