強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM’S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】

2024年4月13日から14日にかけて行われたスーパーGT開幕戦。今年も岡山国際サーキットでシーズンがスタートした。さまざまな動きがあったオフシーズンを経て幕をかけた今シーズンだが、昨年に引き続き36号車au TOM’S GR Supraの強さが際立つ結果となった。(文:河村大志/写真:GTA)

競技規則やドライバーラインナップが大きく変更

2024年シーズンの幕開けは例年通り岡山国際サーキット。通常と変わらないシーズン開幕を迎えたスーパーGTだが、今季の同シリーズにはいくつかの変革がもたらされている。まず、もっとも大きな変更点は予選フォーマットだ。これまではノックアウト方式だったが、今季からQ1とQ2のタイムを合算して順位を決める方式に変更となった。さらにQ1とQ2では同じタイヤを使用しなければならず、決勝スタート時も予選と同じタイヤでスタートしなければならない。

この新フォーマットへの変更は環境への配慮の一環としてタイヤのセット数が5から4に減少したことに起因している。タイヤの使用本数を減らしつつも、走行時間を確保するため上記のフォーマットに変更された。Q1、Q2という形式は変わらないが、ノックアウトから合算方式に変わっている。

また、各メーカー間でのドライバー移籍も多い。トヨタ勢は昨年チャンピオンを獲得した36号車に山下健太が加入。今年からFIA Formula 2をはじめ、海外カテゴリーにチャレンジしている宮田莉朋に代わり、同い年の坪井翔とダッグを組むことになった。

宮田が抜けるも、山下が加入し今年も強力な体制でシーズンに臨む36号車。チャンピオンゼッケンである1ではなく、ゼッケンナンバーを36のまま参戦する。

また、福住仁嶺と大湯都史樹がホンダからトヨタに移籍。福住は山下が抜けた14号車ENEOS X PRIME GR Supraに、大湯は昨年引退した立川祐路に代わり38号車KeePer CERUMO GR Supraから参戦することになった。

ホンダ勢は今季からベース車両をシビック タイプRに変更しチャンピオンに挑む。福住と大湯が抜けたARTAには松下信治がREAL RACINGから8号車に移籍、16号車には佐藤蓮がステップアップを果たした。

松下が抜けた17号車Astemo CIVIC TYPE R-GTには太田格之進が加入、太田が抜けたNakajima Racingには大草りきがGT300から昇格している。

日産陣営はNISMOは3号車Niterra MOTUL Zに三宅淳詞を抜擢、昨年まで同チームにいた千代勝正は23号車MOTUL AUTECH Zに移ることになった。23号車を離れた松田次生は24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zに移籍。チームメイトに名取鉄平を迎え入れるなど24号車はラインナップを一新した。また、ミシュランタイヤを採用していたNISMO勢はミシュラン撤退により今季からブリヂストンタイヤを使用することになっている。

(広告の後にも続きます)

新しい予選方式も関係なし!?36号車がポールトゥウィンで初戦を制す

合算方式となった予選でもディフェンディングチャンピオンである36号車の強さは健在だった。新加入の山下がQ1を難なく5位で通過すると、Q2では坪井がミスを犯しながらも2番手タイムをマークした39号車に対しコンマ2秒差をつける圧巻の走りを披露。総合でもトップにたった36号車が2024年シーズン、そして新予選フォーマットにおける初のポールポジションを手に入れた。

決勝日は気温26度、路面温度39度のドライコンディション。気温が高く暑い中、13時30分にレースがスタートした。

36号車がトップのままレースを引っ張る中、背中を追いかけたのは同じトヨタ陣営の39号車、38号車。上位を独占するトヨタ勢に唯一割って入ったのが100号車STANLEY CIVIC TYPE R-GT。シビックのデビューウィンを狙い、序盤は3番手でレースを進めていった。

オープニングラップのリボルバーコーナーでは14号車と12号車、そして17号車も巻き込まれるアクシデントが発生し、いきなりセーフティカーが出動した。8周目にレースはリスタートするも36号車のペースがよく、すぐさま2位以下を引き離していく。レースの焦点は表彰台争いに集まることになった。

2位につける39号車以下、100号車、38号車が接近戦を展開。トヨタでの初戦となる大湯が18周目に100号車牧野任祐を攻略し3番手に浮上する。昨年厳しい戦いが続いた38号車にとって、いきなり表彰台獲得のチャンスが高まる中、29周目に38号車と100号車が同時ピットイン。しかし、このピットストップで100号車の先行を許してしまった。

3位争いを繰り広げる2台のピットインをみて、トップの36号車と2位の39号車がすぐさま反応。先にピットに入った100号車と38号車のアンダーカットを防ぎ、順位変動は起こらなかった。

ピットストップを遅らせていた37号車Deloitte TOM’S GR Supraが53周終了時にピットに入ると、実質トップだった36号車が順位上もトップに立つ。この時すでに後続とは十分なマージンが築かれていた。

一方、最後の最後までバトルが展開されたのは2位争い。39号車の第2スティントを担当する中山雄一は100号車の山本尚貴の猛攻を防いでいく。結局中山は最後まで山本の先行を許すことはなかった。