15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売

トヨタは2024年4月18日、新モデル「ランドクルーザー250」を発売しました。15年ぶりの刷新で話題ですが、公式カスタマイズとして「車中泊ベッドキット」が用意されており、こちらも注目を集めています。

新型「ランクル250」専用設計! 老舗ブランドのノウハウもたっぷり

 2024年4月18日、トヨタは「ランドクルーザーシリーズ」の新モデル「ランドクルーザー250」を発売しました。
 
 これにあわせ、カスタムメーカーによる「公式カスタマイズパーツ」も用意されましたが、そのなかには新型ランクル250専用設計の「車中泊ベッドキット」も含まれています。

 ランドクルーザーは、1951年に登場した四輪駆動車「トヨタ BJ型」から始まった、72年の長い歴史を持つブランドです。

 進化の過程で様々なシリーズに分化し、フラッグシップの「ステーションワゴン」タイプは「ランドクルーザー」に、悪路走破性と耐久性を重視した「ヘビーデューティ」タイプは「ランドクルーザー70」に、そしてその中間に位置する「ライトデューティ」タイプは、ミッドサイズのランドクルーザープラド(以下、プラド)となりました。

 そしてトヨタはプラドの刷新にあたり、開発コンセプトに「原点回帰」を掲げました。代を重ねるごとに高級・豪華に進化してきたプラドの軌道修正を図ったのです。

 このような過程を経て15年ぶりに登場したのが、今回の新型ランドクルーザー250です。

 新型登場にあわせ、トヨタはユーザーが「自分だけの一台」にカスタマイズすることをサポート。

 トヨタ純正用品やモデリスタ用品に加え、新たに「JAOS(ジャオス)」と「Toy-Factory(トイファクトリー)」の両ブランドからも内外装アイテムを選べるようにしました。

 なかでもトイファクトリーの新型ランドクルーザー250専用ベッドキットは、車中泊需要が高まるいま、注目されるアイテムです。

 トイファクトリーは、トヨタ「ハイエース」ベースのキャンピングカーにおいて製造台数国内首位を誇るキャンピングカーのスペシャリスト。専用ベッドキットは、同社が長年積み重ねてきた知識と経験を最大限に活かし、快適な就寝環境を提供するために開発されました。

 大人2名が就寝可能なセミダブルサイズの専用ベッドキットは、「トヨタ車両販売店限定モデル」と「トイファクトリーオリジナルモデル」の2つがラインナップされます。

 4枚構成のマット(厚み50mm)とフレームが含まれるキットの基本的な構成は共通で、ベッドマットの生地などが異なります。

 サードシートやセカンドシートを格納した後フレームを設置し、そのフレームの上からベッドマットを載せて設置する構造です。

 セカンドシートは片方のみ起こし、もう一方だけマットを設置することも可能で、セカンドシートのマットはフレーム下に収納できます。

 展開時のマットサイズは、長さ1760mm×幅1105-1395mm。マット下スペースが120mmから200mm確保されるので、下部に荷物を収納したままで就寝が可能です。

 トヨタ車両販売店限定モデルの販売価格は、30万5800円(消費税込み、工賃別)。

 マット生地は汚れや水に強いフェイクレザー製で、純正シートと調和するカラーリングのブラックとブラウンの2色展開です。

 「LAND CRUISER」のロゴ刺繍や「TOY- FACTORY」のロゴタグをあしらった限定仕様となっており、一部のトヨタ車両販売店限定で購入が可能となっています。

 トイファクトリーオリジナルモデルの販売価格は、27万2000円(消費税込み、工賃別)。

 マット生地には、トイファクトリー製キャンピングカーで、ワンランク上のオプションとしても採用される、優れた強度を持った生地「プレミアムスエード」を3色(ブラック、グレー、グリーン)展開します。

 こちらはトイファクトリーオンラインショップと、トイファクトリー契約トヨタ販売店で購入できます。

※ ※ ※

 新型ランドクルーザー250の車両本体価格(消費税込)は、ディーゼル車(2列シート5人乗りまたは3列シート7人乗り)が520万円から735万円、ガソリン車(3列シート7人乗り)が545万円です。

 特別仕様車は、ZX ファーストエディションが785万円、VX ファーストエディションが590万円から700万円です。