「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも

なぜか、やたらと赤信号に引っかかると思った経験はありませんか。それ、実はせっかちになってスピードが出すぎているから、かもしれません。

イライラして急いでも良いことなし?

 クルマに乗っている際、国道や大通りを走っていると、信号機が連続する区間で、「信号が変わってちょっと走ったらまた赤信号にひっかかった」という経験をしたことがある人は多いかもしれません。

 人によってはイライラするかもしれない現象ですが、実はこれ “運が悪いだけ” とも言い切れないのです。

信号機には「系統制御」というシステムが用いられていることがあります。これは、隣り合う複数の信号機を連動させて制御する仕組みのことです。一般的には「線制御」という方法で、主要幹線道路で連続する信号機を連動させる方式になります。

 このタイプの信号は青信号に変わって通過した後、その道路の交通量や信号間の距離により、一定かつ安全速度で走れば先の信号はちょうどいいタイミングで青信号となるように制御されています。

 そのため、このタイミングから外れてしまうと、赤信号にひっかかりやすくなってしまうのです。目前の信号を青のうちに通過しようと急加速して走っても、系統制御のサイクルからズレてしまうので、結局は次の赤信号に引っかかってしまいます。そのため、頻繁に赤信号で停車するというイライラだけが残り、移動時間は普通に走った場合とほぼ同じになってしまいます。

 こうした仕組みがあるため、急いだときに限って「やけに赤信号になる」という現象が起きてしまうと言えるでしょう。つまり、思いつきで急ぐのは余計イライラを加速させる結果になってしまう可能性が高いのです。

(広告の後にも続きます)

信号の変わるタイミングはかなり調整されている?

 ほかにも人間心理を踏まえた信号制御があります。例えば、「高速感応制御」です。一定速度以上で走るクルマを感知すると、その先で赤信号に引っかかるようにサイクルを調整するものです。

 また、安全のためにドライバーが進むべきか停止すべきか判断に迷う間に走行する範囲である「ジレンマゾーン」では、「ジレンマ感応制御」というものがあります。これは黄信号になる直前にクルマが停止線ギリギリにいた場合、「信号が変わる!」と急停止しても危険ですので「ジレンマゾーン」にクルマがいる場合、青信号表示を少し延長する仕組みとなっています。

 そのほか、バスが通りかかると自動的に青信号にする「公共車両優先システム」や、救急車・パトカーなど緊急車両がスムーズに通行できるように青信号にする「現場急行支援システム」もあり、複数の自治体で導入されています。

 いずれにせよ、信号の制御はドライバー自身ではどうにもできないことなので、自動車やオートバイ、自転車等に乗る際は時間に余裕をもって、ゆとりある心持ちでいることを心がけましょう。