映像が流出!? 中国の最新「攻撃ヘリ」見えた全貌 “ヘリは時代遅れ”を覆すか 見据える台湾

情報統制が厳しい中国のSNSに、新型重攻撃ヘリの映像が投稿されています。輸出規制で部品などが入手しづらい中、より大型化されたとみられる攻撃ヘリの性能は如何ほどでしょうか。中国軍が台湾有事で投入する公算は大きいでしょう。

名称は「Z-21」か

 中国のSNS上に2024年4月、「重攻撃ヘリコプター」と称する機体の映像が投稿されました。噂のあった新型攻撃ヘリコプター「Z-XX」で、「Z-21」と呼称されることになりそうだと投稿されています。情報統制されている中国のSNS上で新兵器が登場するということは、すでに開発は最終段階に来ていると見てよさそうです。

 写真を確認すると、現用の中国軍Z-10攻撃ヘリコプターよりも大型化し、武装も強化されて、アメリカのAH-64アパッチ攻撃ヘリコプターと同様のコンセプトデザインと思われます。

 攻撃ヘリコプターは空から柔軟な攻撃ができるプラットフォームとして重用されてきましたが、ロシア・ウクライナ戦争でその様相は変わりました。戦場の低空域ではドローンが無双状態です。両軍は防空システムを恐れて、有人ヘリコプターの活動域を狭めており、攻撃ヘリコプターも前線の後方を超低空飛行し、ロケット弾の射程を伸ばすため高射角で射撃して引き返すというあまり効果が期待できない使われ方をしています。偵察手段としてはすっかりドローンにお株を奪われてしまいました。

 日本では防衛省が2022年12月に発出した、いわゆる「安保3文書」の防衛力整備計画の中で、攻撃ヘリコプターと偵察ヘリコプターを全廃する方針を示しました。またアメリカは2024年2月に将来型攻撃偵察機(Future Attack Reconnaissance Aircraft:FARA)プログラムをキャンセルしています。有人攻撃ヘリコプターの将来は明るくないようにも見えますが、中国が新型の重攻撃ヘリコプターを開発する意味は何なのでしょうか。

(広告の後にも続きます)

課題だったヘリコプター戦力の拡充

 Z-21についてはまだ何も明らかにされていませんが、中国版UH-60ブラックホークともいわれる多用途ヘリコプターZ-20から発展したものと思われます。中国の軍事ブロガーによれば、Z-20と同じ動力装置とローターシステムを流用しているようで、開発リスク低減と期間短縮のためできるだけZ-20との共通項を多くしたとみられます。Z-21は2~3年で就役できるかもしれません。

 胴体は外見上、Z-20よりもスリムになっており、攻撃ヘリコプターの標準的なタンデム座席配置となっているようです。自衛用チャフ散布装置や、電子戦用、通信用と思われるアンテナ類が見られ、エンジン排気管は赤外線放出を地上から検知されにくくなるよう上向きとなっています。

 中国軍はヘリコプター戦力の拡充を課題としていました。現用のZ-10は初めての本格的攻撃ヘリコプターですが、原設計はロシアのカモフ設計局とされます。試験機ではカナダ製ターボシャフトエンジンPT6C-67Cが搭載されていたのですが、輸出規制のため量産機では国産のWZ-9を搭載せざるを得ず出力が落ちてしまいました。

 Z-21の開発には、Z-20を担当するハルビン飛機工業集団と、Z-10攻撃ヘリコプターを生産する昌和飛機工業公司が関与していると報じられています。しかし、多くの技術がまだ輸入頼りというのが現状です。

 Z-10は陸軍と空軍で採用されましたが、海軍は使用していません。水陸両用作戦を直接支援する攻撃ヘリコプターは海軍にも有用と考えられるものの、海軍陸戦隊の航空旅団にも海軍航空兵にも配備されていません。理由は不明ですが、Z-10では力不足と判断されたようです。

 なお、Z-10はパキスタンが採用を検討し、「高温かつ高所の環境での出力不足」を理由に見送ったという経緯があります。その後、中国はヘリコプター用ターボシャフトエンジンの研究開発に努めました。Z-21のような大型機にも十分な出力を提供できるエンジンが完成したのか、注目です。