2024年4月18日(木)、トヨタ 新型ランドクルーザー250の発売が開始されました。従来のランドクルーザーシリーズのDNAを受け継ぎながら、原点回帰をテーマに開発された同車は、悪路走破性と快適性を高次元で両立した本格オフロードSUVです。

当記事では、新型ランドクルーザー250とはどんなクルマなのかをご紹介。外観や内装、パワートレイン、グレード、価格、おすすめグレード、燃費など、気になるポイントをカーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが解説します。

新型ランドクルーザー250とは?

ランドクルーザーは悪路向けの本格SUV

SUVは人気のカテゴリーですが、その多くは乗用車と共通のプラットフォームを使うシティ派です。

トヨタ ハリアーやカローラクロスなど主要なSUVを見てみると、厚みのあるフロントマスクや大径タイヤの装着によって外観の存在感は強いですが、あくまでシティ派なので悪路走破性は高くありません。ワゴンに近い位置付けです。

ところがランドクルーザーシリーズは違います。悪路走破性を高めた本格的なSUVです。

耐久性の高いラダーフレームに、ボディ、エンジン、悪路に対応したサスペンションなどの足まわりを装備しています。

駆動方式は、後輪駆動をベースにした4WDのみで、悪路で駆動力を高める副変速機も採用されています。

既存SUVと差別化され、新型ランドクルーザー250は悪路指向強め

ランドクルーザーはシリーズ化され、現在3車種が販売されています。

最上級のランドクルーザー300、1984年にデビューし悪路性能を徹底的に高めて2023年に再版されたランドクルーザー70です。

そして以前は、300よりもボディの小さなランドクルーザープラド(150系 以降プラド)がありましたが、これが「新型ランドクルーザー250」へフルモデルチェンジされました。

したがって新型ランドクルーザー250は、プラドの後継車種です。その上で新型ランドクルーザー250は、プラドに比べて、悪路向けSUVの特徴を強めました。

今はトヨタ ハリアーやRAV4など、前輪駆動ベースのシティ派が増えたので、一方でランドクルーザーシリーズは悪路指向を強めて新型ランドクルーザー250もその流れに沿っています。

新型ランドクルーザー250のレビュー、良い点、気になる点

外観

5.0

★★★★★

内装・居住性

4.0

★★★★☆

走行性能

4.0

★★★★☆

運転のしやすさ

2.0

★★☆☆☆

乗り心地

3.0

★★★☆☆

燃費

3.0

★★★☆☆

価格の割安度

2.0

★★☆☆☆

良い点、気になる点まとめ

〇新型ランドクルーザー250の良い点

・シャシーや足まわりの刷新で悪路走破性と舗装路での安定性を向上

・SUVの原点回帰を狙った外観はカッコ良く内装の質もよい

・安全装備と運転支援機能が先進的で安心感と快適性が高い

×新型ランドクルーザー250の気になる点

・2.7Lのガソリンエンジンは車両重量の割に動力性能が不足気味

・プラドに比べてボディが格段に大きく小回り性能も悪化

・最上級グレードZXの価格はV6ツインターボエンジンを搭載するランドクルーザー300並みに高い

新型ランドクルーザー250のボディサイズ

車種 全長 全幅 全高
250

4,925mm

1,940~1,980mm

1,925~1,935mm

プラド

4,825mm

1,885mm

1,835〜1,850mm

300

4,950〜4,985mm

1,980〜1,990mm

1,925mm

車種名はランドクルーザーを省略

新型ランドクルーザー250のボディサイズは、全長が4,925mm、全幅は1,980mm(GXは1,940mm)、全高は1,925mm(ZXは1,935mm)、ホイールベースは2,850mmです。

従来型のプラドに比べて100mm長く、95mmワイド(GXは55mmワイド)で、85mm高い(ZXは90mm高い)です。ホイールベースも60mm拡大されました。

この数値は、ランドクルーザーシリーズで最上級モデルとなるランドクルーザー300に近いです。同車のボディサイズは全長4,950~4,985mm×全幅1,980~1,990mm×全高1,925mmで、ホイールベースは2,850mmです。

新型ランドクルーザー250とランドクルーザー300のボディサイズを比較すると、ランドクルーザー300のほうが全長が少し長い程度で、それ以外はほぼ同じです。

車種 ホイールベース 最小半径
250

2,850mm

6.0m

プラド

2,790mm

5.8m

300

2,850mm

5.9m

車種名はランドクルーザーを省略

さらに最小回転半径は6.0mですから、300の5.9mよりも大回りです。従来型のプラドは5.8mだったので、新型ランドクルーザー250に乗り換えると、全幅が95mm広がって最小回転半径も0.2m拡大します。

混雑した街中や駐車場では、運転しにくく感じる場合もあるでしょう。

新型ランドクルーザー250の外観(エクステリア)

プラドの外観はメッキも多く豪華指向でしたが、新型ランドクルーザー250の外観は悪路指向を強め、メッキ類の使用も控え目です。

3種類のヘッドライト

フロントマスクの注目ポイントはヘッドライトです。このヘッドライトは角目型と丸目型が用意されています。

ラインナップは角目型のプロジェクター3眼LEDヘッドランプ、角目型のリフレクター式3眼LEDヘッドランプ、丸目型のBi-Beam LEDヘッドランプ(オプション)の3種類です。

ランプ種類はグレードによって異なりますが、ミドルグレードのVXのみ、ディーラーオプションにより丸型に変更することができます。

ZX VX GX
角目型プロジェクター

角目型リフレクター

丸目型Bi-Beam

オプション

水平基調なボディ形状

ボディの側面は水平基調で、運転席からはボンネットも視野に入ります。ボディは大型化されましたが、四隅の位置は分かりやすく、運転しやすいです。

このボディ形状は、デコボコの激しい悪路で、岩などを避けながら走る時にも重宝します。

新型ランドクルーザー250の内装(インテリア)

インパネ

内装も外観同様に水平基調です。

メーターは視認性が優れ、シフトレバーも前後にスライドさせるタイプで扱いやすいです。エアコンのスイッチも比較的高い位置に設置されています。

全体的にオーソドックスなデザインですが、直感的にチェック・操作できます。デコボコの激しい悪路で体を前後左右に揺すられながらも正確に運転するには、このようなインパネが必要です。

インパネの中央には、カーナビの地図画面などの各種情報を表示できるディスプレイオーディオが備わり、モニターのサイズは最上級のZXとミドルグレードのVXが12.3インチと大型で、ベーシックなGXは8インチです。

シート

シートの配列は、ZXとVXは3列の7人乗りで、GXは2列の5人乗りです。ただし3列シートといっても、3列目は荷室に装着された補助席です。

そして従来型のプラドでは、2列目にスライド機能が備わり、前側に寄せることで3列目の足元空間を拡大できました。ところが新型ランドクルーザー250では、2列目のスライド機能が省かれたので、3列目の足元を広げることができません。

短距離でも多人数で乗車する機会のあるユーザーは、3列目の居住性を確認しましょう。

新型ランドクルーザー250のパワートレイン

注目されるのはエンジンです。ランドクルーザー300はガソリン、ディーゼルともにV型6気筒エンジンを搭載しますが、新型ランドクルーザー250はプラドと同じく、直列4気筒の2.7Lガソリンと2.8Lクリーンディーゼルターボです。

エンジン 排気量 ミッション 最高出力 最大トルク
ディーゼル

2.8L

8AT

204馬力

500N・m

ガソリン

2.7L

6AT

163馬力

246N・m

動力性能は、ガソリンの最高出力が163馬力/5200回転、最大トルクは246N・m(3900回転)です。一方クリーンディーゼルターボは204馬力(3000~3400回転)、500N・m/1600~2800回転。それぞれの数値もプラドと基本的に同じです。

トランスミッションはディーゼルのみ変更されました。プラドは6速ATでしたが、新型ランドクルーザー250は8速ATに上級化されています。ガソリンはプラド同様に6速ATでギヤ比も共通です。

新型ランドクルーザー250のグレード、価格、おすすめグレード

グレード

新型ランドクルーザー250のグレードは全3種類。最上級モデルの「ZX」、ミドルモデルの「VX」、ベーシックモデルの「GX」です。全車種にディーゼルエンジンの設定があり、ガソリンエンジンはVXのみに設定されています。

グレード 特徴 エンジン種類
ZX

最上位モデル

ディーゼル

VX

ミドルモデル

ディーゼル、ガソリン

GX

ベーシックモデル

ディーゼル

ベーシックモデル「GX」の外観、内装

ミドルモデル「VX」の外観、内装

最上位モデル「ZX」の外観、内装

価格

新型ランドクルーザー250の通常モデルの価格は520万円~735万円です。

グレード別の価格は以下の通りです。

グレード エンジン 価格
ZX

ディーゼル

735万円

VX

ディーゼル

630万円

VX

ガソリン

545万円

GX

ディーゼル

520万円

グレード比較

全車共通の装備

衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」や車間距離を自動制御する「レーダークルーズコントロール」は、ベーシックなGXを含めて全グレードに標準装着されます。

ミドルグレードVXの装備(GXとの比較)

ミドルグレードのVXでは、GXの装備内容からルーフレール、リアスポイラー、フロントシートのベンチレーション、本革シート生地、3列目シート、パワーバックドア(リアゲートの電動開閉機能)、パイオニアプレミアムサウンドシステム(10スピーカー)などが加わります。ディスプレイオーディオのサイズも、8インチから12.3インチに拡大されます。

ディーゼルエンジン同士で価格を比べると、VXはGXに比べて110万円高いです。

最上級グレードZXの装備(VXとの比較)

最上級グレードのZXでは、VXの装備内容からSDM(※1)、電動リアデフロック(※2)、路面状況に適した走行モードが選択できる「マルチテレインセレクト」など悪路向けの装備が加わります。

さらに、衝突する可能性が高い場合にシステムが車線内での衝突回避を支援する「緊急時操舵支援」、ハイビーム状態を保ちながら対向車などの眩惑を抑える「アダプティブハイビームシステム」、渋滞時にステアリングホイールから手を離しても運転支援を続けてくれる「アドバンスト ドライブ」、運転席シートポジションメモリー、JBLプレミアムサウンドシステムなどが加わります。

ZXの価格はVXよりも105万円高いです。

(※1)SDMとは、スタビライザー(ボディの傾き方を制御する足まわりのパーツ)の作動を解除して足まわりの伸縮性を拡大する機構。悪路走行時において、左右の揺れを低減します。切替が可能なことで、オンロードの操縦安定性を犠牲にすることなく、過酷な悪路でのパフォーマンスを向上させます。

(※2)デフロックとは、左右輪における差動運動を阻止するため、差動装置のデフを直結状態にする機構。スタック時の脱出がしやすくなるなど、悪路走破性を高めます。

おすすめグレード

グレード間の装備と価格の違いは妥当ですが、悪路向けの機能に重点を置くなら、ベーシックなGXでも十分です。GXでシンプル過ぎると感じた時はVXを検討しましょう。

本革シートの装着は好みが分かれますが、一般的な買い得なベストグレードは、630万円のディーゼルエンジンのVXです。

ガソリンエンジンのVX(545万円)は、ディーゼルに比べて価格が85万円安いですが、車両重量は2,240kgと重く、高速道路や峠道の登り坂では実用回転域のパワー不足が心配です。ガソリンエンジンを選ぶなら、登り坂などを試乗しましょう。

新型ランドクルーザー250の悪路走破性

新型ランドクルーザー250のプラットフォームは、ランドクルーザー300と同じくGA-Fと呼ばれるタイプです。

ラダーフレームにボディやエンジン、サスペンションなどが架装されていますが、フレームは刷新されてプラドよりも剛性を1.5倍に高めています。スポット溶接箇所、構造用接着剤の使用も増やして剛性アップが図られています。

サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン式独立懸架コイルスプリング、後輪はトレーリングリンク車軸式とされ、これもプラットフォームと同じく、基本的にはランドクルーザー300と同じタイプです。

新型ランドクルーザー250の4WDには「オート」と未舗装路で使う「ダート」、泥道の「マッド」、抵抗の大きな砂地向け「サンド」、岩場を走る時に使う「ロック」、深雪路に適した「ディープスノー」と走行モードが切り替えられる機能「マルチテレインセレクト」も備わり(ZXのみ)、エンジン、4WDシステム、ブレーキなどをシチュエーションごとに最適に制御して悪路走破力を向上させています。

新型ランドクルーザー250の燃費

グレード エンジン 燃費(WLTCモード)
ZX

ディーゼル

11.0km/L

VX

ディーゼル

11.0km/L

VX

ガソリン

7.5km/L

GX

ディーゼル

11.0km/L

新型ランドクルーザー250のWLTCモード燃費は、ディーゼルエンジンが全グレード共通で11.0km/L、ガソリンエンジンは7.5km/Lです。

一方プラドのWLTCモード燃費は、ディーゼルエンジンは11.2km/L、ガソリンエンジンの8.3km/Lです。

ボディサイズが大きくなったことや、重量が増えたことで新型ランドクルーザー250のほうがプラドより燃費は下がっています。

特別仕様車「First Edition(ファーストエディション)」とは?

新型ランドクルーザー250には、特別仕様車の「First Edition(ファーストエディション)」も設定されています。

グレード エンジン 価格
ZX

ディーゼル

785万円

VX

ディーゼル

700万円

VX

ガソリン

590万円

ミドルグレードのVXがベースのタイプは、ディーゼルが700万円(通常モデルVXに比べて70万円の上乗せ)、ZXがベースだと785万円(通常モデルZXに比べて50万円の上乗せ)です。

ファーストエディションは、内外装に専用の加飾が使われ、一部のオプション装備も標準装着されますが、価格が割安とはいえません。

買い得度を重視するなら、通常モデルのディーゼルエンジンのVX、上級装備が欲しければZXを選びましょう。

フロントマスクにも注意が必要です。前述の通り、丸目型と角目型のヘッドランプがあり、通常モデルでは角型が標準装着されます。VXについては、ディーラーオプションで丸型にも変更できます。オプション価格は18万7000円で、メーカーではなくディーラーオプションなので価格が高いです。

一方、特別仕様車のファーストエディションでは、ZXベースには丸型が標準装着されます。ただしVXベースは通常モデルと同じく角型が標準装着され、丸型はオプションです。

したがってZXの場合、通常モデルは角型のみの設定で、ファーストエディションは丸型だけです。最上級のZXを選ぶ時は、ヘッドランプの好みにより選ぶ仕様を選択する必要があります。

価格で躊躇はするが、購入希望ならお早めに!

ボディを拡大してメカニズムを上級化したことにより、新型ランドクルーザー250の価格は高いです。

プラドの場合、2.7Lのガソリンエンジンを搭載するTXの5人乗りは366万6000円でした。最上級のクリーンディーゼルターボを搭載するTZ-Gの7人乗りでも554万3000円です。

それが新型ランドクルーザー250は、一番安価なガソリンのGXでも520万円、最上級のZXは735万円に達します。

ちなみに、V型6気筒3.3Lクリーンディーゼルツインターボを搭載するランドクルーザー300 ZXが760万円ですから、直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボの新型ランドクルーザー250 ZXが735万円では、新型ランドクルーザー250に割高感が生じます。

そこで新型ランドクルーザー250よりも割安なランドクルーザー300を選ぼうとしても、現在は受注停止中です(2024年4月時点)。ランドクルーザーシリーズは、バリエーションを豊富にそろえていますが、価格と受注状況から購入しにくい印象を受けます。

なお販売店では、新型ランドクルーザー250の売り方について、以下のように説明しています。

「ファーストエディションは、全国で8,000台の限定なので、抽選でお客様を決める可能性が高いです。GXやZXなどのグレードは売り方が未定ですが、おそらく受注が膨大に増えるため、すべてのお客様には行き渡りません。従って抽選も考えられます」とのこと。

購入を希望するなら、早めに販売店に出向かないと、購入が困難になりそうです。なお新型ランドクルーザー250は、定額制カーリースのKINTOでも取り扱っています。併せて検討しましょう。

[筆者:渡辺 陽一郎 撮影:トヨタ自動車/MOTA編集部]