JR「羽田空港アクセス線」が計画変更!開業時期への影響は?「鉄道遺構」を一部現地保存へ

期待の新線への影響は?

「高輪築堤」の一部現地保存へ計画変更

 JR東日本は2024年4月15日、羽田空港アクセス線(仮称)の予定地で、日本初の鉄道が開業した時の構造物である「高輪築堤」が確認されたため、一部計画を変更して現地保存を行うと発表しました。

 羽田空港アクセス線をめぐっては、東京駅方面から羽田空港に向かう「東山手ルート」が2023年6月に着工しています。ただ、着工前の試掘調査で、田町駅周辺に高輪築堤の石積が存在することが判明。そのため、2023年8月から高輪築堤調査・保存委員会が開かれ、検討が行われてきました。

 

 委員会の方針を踏まえ、JR東日本は、羽田空港アクセス線の下り勾配開始地点を当初計画から約100m品川方に変更。東海道線の線路下に存在する高輪築堤の一部を現状のまま保存します。これにより、従来は高輪築堤への支障範囲が約160mでしたが、延長約100mを現状のまま保存できるようになります。

 

 今後は、高輪築堤の一部現地保存に向け、線路縦断線形の計画変更を行う予定。環境影響評価手続きや工事計画の変更手続きを関係機関と連携して進めるとしています。なお、当初計画の2031年度開業を目指し、引き続き工事を進めるとしています。

 羽田空港アクセス線「東山手ルート」の開業後は、宇都宮線・高崎線・常磐線方面から羽田空港への直通運転が実現。東京駅から羽田空港駅は、現在30分程度を要しますが、新線の整備により約18分で到着することが可能となる予定です。片道1時間あたり4本、1日あたり72本の運行が計画されています。