アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは

トヨタの「小さな高級車」に、3リッター直6ターボエンジンを搭載した個体が中古車市場で注目を集めています。

上質コンパクトセダンにモンスター級のパワートレインを搭載した個体とは

 最近、「小さな高級車」というワードが再び脚光を浴びていますが、その代名詞とされていたトヨタのセダンがありました。
 
 そのセダンをパワフルな仕様に仕立てた個体が中古車市場に登場しましたが、どのような反響があるのでしょうか。

 その小さな高級車はトヨタのプログレです。

 かつて、1998年から2007年までBMW「3シリーズ」やメルセデス・ベンツ「Cクラス」などの対抗馬として販売されていました。

 ボディサイズは、全長4500mm、全幅1700mmという現行の「カローラ(セダン)」よりも小さいです。

 プラットフォームは、2代目「アリスト」や10代目「クラウン」と共有し、全長に対してホイールベースは2780mmと室内空間は前後席とも余裕のあるスペースを確保。

 さらに見た目の作り込みは徹底されており、外装の塗装は通常の上塗り工程の2コート塗装に対して、全色5層コートをおこないフラッグシップモデルのセンチュリー顔負けの技術が導入されています。

 インテリアも同様に質の高いレザーを使用したシートに、コンソールには木目調ではなくウォールナットをふんだんに使用したウッドパネルなど、「クラウン以上セルシオ未満」を目指した高品質のクルマです。

 プログレは小さなボディサイズにもかかわらず、パワートレインは最高出力200馬力の2.5リッター直列6気筒エンジンと、最高出力215馬力を誇る3リッター直列6気筒エンジンを設定。

 足回りはサスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンを採用し、静粛性や乗り心地は「クラウン」などの高級車と遜色のないレベルを確保していました。

 そんなプログレですが、中古車市場には、異色な個体が存在します。

 見た目はフロント、サイド、リアのアンダースポイラー程度で、シンプルな変更に留められています。

 注目すべきはパワートレインで、トヨタの名機である3リッター直列6気筒ツインターボ(2JZ-GTE型)に換装されました。

 2JZ-GTE型は「80系スープラ」にも搭載されたハイパワーエンジンで、本来は当時の自主規制280馬力を軽々超えるポテンシャルを秘めています。

 また、今回の個体ではさらにエンジンに手が加えられていて、給排気系のチューン以外にハイレベルなプロチューナー向けフルコンピューター「金プロ」に換装されており、340馬力を超える最高出力のようです。

 さらに走りに特化するためマークII(JZX110)の新品ミッションに換装されたほか、機械式LSDまで装着することでドリフト走行も可能にしています。

 そんな、ハイパフォーマンスの心臓を与えられたプログレですが、どのような反響があったのでしょうか。販売店である「GOODS」の担当者は次のように話します。

「プログレに関して、多くの反響がありました。

 高級セダンに載せられたエンジンに注目をするお客様が多いです。

 エンジンは現在ではなかなかみられないものということもあり、そこに興味を持たれた人から多くの問い合わせがありました」

 また、SNS上でもこのプログレについて数多くのコメントが見受けられます。

 実際にSNS上では「こんなプログレが欲しかった」や「プログレにターボはヤバすぎ!」などハイパワーコンパクトセダンに肯定的な声が多く見受けられました。

 ほかにも「控えめなデザインだけど実は中身はモンスターというところがいい」などインパクトのあるコンセプトに共感できる声も寄せられていました。

 さらに「同じエンジンのアリストよりも軽いから確実に速い」など実際のパフォーマンスについて分析する声も見受けられました。

※ ※ ※

 いまではパワートレインのダウンサイジング化が進んできたこともあって、大排気量+ターボも少なくなってきましたが、今回のようなコンパクトセダンにハイパワーエンジンのクルマを熱望するユーザーがまだまだいるようです。

 なおこのプログレの車両価格は、289万円で販売されています。