吹田貨物ターミナル駅でコンテナ撮影会、世界で1つの「19H」も!5月3日

JR貨物関西支社は、2024年5月3日(金・祝)に吹田貨物ターミナル駅(大阪府吹田市芝田町)にて「コンテナ撮影会」を開催します。

「コンテナ撮影会」は、同社が所有する様々なコンテナを貨車上およびコンテナホームに留置した状態で撮影できるイベント。さらにコンテナを貨車から取り卸す様子や、一部のコンテナでは開扉状態での撮影のほかコンテナ内部の見学が可能です。防振用の試作として2個のみ製造された「18E」や、3方開きのコンテナで世界で1個のみが製造された「19H」など、貴重なコンテナも展示予定とのことです。

◾️展示コンテナ(予定)

12ftコンテナ:18E、19D、19E、19G、19H、W19D、V19B、V19C、20C、20D、20E、20G、ZX19A、ZG15B など

20ftコンテナ:30B または 30C、30D

31ftコンテナ:48A または 49A、ZX45A

撮影イメージ(晴天時は順光となる状態で撮影できます)

©JR貨物

集合場所はJR東海道線 岸辺駅改札前、受付時間は9時10分から9時30分。イベント開催時間は9時30分から13時10分です。受付後、吹田貨物ターミナル駅の会議室において説明を実施、その後、コンテナホームで撮影を行います。

募集人数は小学生以上の30人、参加代金は20,000円。安全上の観点から、小・中学生は保護者も参加が必要で、保護者1名につき小・中学生計2名まで参加可能です。4月16日(火)12時30分からチケット予約サイトPeatix内「吹田貨物ターミナル駅『コンテナ撮影会』」にて先着順で販売を開始します。