闇に紛れて後ろから… 疾走するロシア新鋭戦車「真夜中の撃破」恐怖の瞬間

これ、ドローンの襲来に気づけるのでしょうか。

ウクライナ軍オペレーターの技量の高さも

 ウクライナ国防省は2024年4月7日、自爆ドローンを使ってロシア軍戦車を撃破する様子を、映像で公開しました。

 映像は白黒ですが、これは暗視カメラを使って夜間撮影された動画とのこと。説明によると、ロシア軍のT-90戦車に向かってドローンが攻撃を仕掛けた様子だといいます。

 よく見ると、ロシアのT-90戦車は、道路上を疾走しており、主砲が画面奥を向いていることから、走る戦車の背後から近づき、体当たりしているのがわかります。

 なお、後半は別のドローンから撮影した映像となっており、大爆発を起こした様子が捉えられていました。

 暗視カメラが使えるとはいえ、夜間視界が限られるなか、移動目標に対してピンポイントでドローンをあてることが可能という点で、ウクライナ軍オペレーターが高い操縦技量を持っていると言えるのかもしれません。

(広告の後にも続きます)

【動画】近づくまでわからない 闇に紛れてロシア戦車に襲い掛かる自爆ドローン