戦闘機パイロットの養成 国内でできなくなる!? 新型練習機に必須な要件とは?

T-4使ってるブルーインパルスはどうなる?

 このように、2024年現在、航空自衛隊はF-35パイロットの養成を自国内で行えていない状況にあるのです。だからこそ、LIFTに相当する練習機が早急に必要だと言えるでしょう。

 では現状、LIFTに区分される練習機にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な機種は、前出のM-346「マスター」以外には、KAI(韓国航空工業)製のT-50「ゴールデンイーグル」、そしてプロペラ機ながらスイスのピラタス社製PC-21が挙げられます。また、ボーイングとサーブが共同開発したT-7A「レッドホーク」が、アメリカ空軍においてまもなく実用化を迎える予定です。

 次期練習機がどのような形で開発されるのかはわかりませんが、これらの機種を原型とした派生型となるか、少なくとも同等の機種となるでしょう。

 なおT-4を使用する「ブルーインパルス」の後継機ともなるとも報じられていますが、今回はあくまでも練習機としてのT-4の後継機であり、「ブルーインパルス」の後継機ではありません。とはいえT-4の退役によって「ブルーインパルス」の機種更新も行われるはずなので、その後改めて機種が選定されることになるでしょう。

 ゆえに、ひょっとしたら、新型練習機が新たな「ブルーインパルス」の運用機になる可能性も秘めている、そんな感じです。