マツダが「和製ハイパーカー」公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」実現に反響あり! 超カッコいい「ガルウィング」採用した“RX500“幕張に登場

マツダは、2024年4月12日から開催される「オートモビル カウンシル2024」にて、極めて珍しい「ミッドシップ・スーパーカー」を展示すると発表し、様々な反響が寄せられています。

衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」に反響!

 2024年4月12日から4月14日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される自動車イベント「オートモビル カウンシル2024」にて、マツダは極めて珍しいミッドシップ・スーパーカー「RX500」を展示すると発表しました。
 
 この発表についてSNSでは、ファンを中心に様々な反響が寄せられています。

 オートモビル カウンシルは、「日本に自動車文化の創生を図ること」を目的とした自動車イベント。

「日本に自動車文化を育みたい」という想いを抱くマツダは、同イベントへの共感もあって参加を続けており、今年の出展テーマを「ロータリースポーツカーコンセプトの歴史と未来」と定めました。

 ブースには複数台のロータリースポーツカーのコンセプトモデルを展示する予定で、中でも注目される一台が、1970年の「東京モーターショー」で世界初公開されたRX500です

 同車は当時のフラッグシップスポーツカー「コスモスポーツ」の後継車を想定して開発が進められていたといわれる、半世紀以上前の“幻のモデル”。

 黎明期のスーパーカーらしい、ワイド&ローで角張ったデザインによって巨大に見えるRX500のボディサイズですが、全長4330mm×全幅1720mm×全高1065mm、ホイールベース2450mmと、現代の基準においては意外とコンパクト。

 パワーユニットには、レース用にチューニングされた最高出力250馬力の2ローター式ロータリーエンジンをミッドシップに搭載し、4速MTのトランスミッションを組み合わせていました。

 ボディもスーパーカー基準でスペースフレーム構造を採用。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーン式で、コンセプトカーでありながら実験車両でもあるため実走行が可能。風洞実験も実施されていたなど、同車が本気で開発されていたことが分かるエピソードです。

 ルーフが後方へと真っ直ぐ伸び、リヤエンドでストンと落ちる特徴的なデザインは「コーダトロンカ」と呼ばれる形状。

 当初はこのボディ形状以外にも、リアハッチ付きの「ロードスポーツタイプ」、ルーバー付きの「レーシングマシンタイプ」も考案されていましたが、実際に製作され世に姿を現したのは「グランツーリスモタイプ」の1台のみで、ボディカラーを「グリーン」から「イエロー(オレンジ)」そして「シルバー」塗り替えながら各地で展示されました。

 左右ドアとエンジンフードは、上方にガバっと開くガルウィング式(正確にはドアはバタフライドア、エンジンフードがガルウィング)。全高の低いRX500の乗降性とメンテナンス性を確保するだけでなく、ドアを開いた姿の圧倒的な存在感から当時のクルマ好きを心からときめかせてくれました。

 また、RX500のヘッドライトは当初「リトラクタブル式」でしたが、後の改造によりアクリルカバー備えた「固定式ライト」へと変更され、フロントマスクの印象をガラリと変えています。

※ ※ ※

 今回発表されたRX500の展示についてSNSでは、「このミニカー持ってた!」「懐かしい…昔RX500の実車を見て興奮したことを今のように思い出します」「このカッコ良さは54年経っても全く変わらない」と、当時RX500を見て胸を踊らせたという往年のクルマ好きからの投稿が多く見られます。

 また、「512BBのようなデザインだと思ったら、BBは1976年だからRX500の方が早かったのか!」「パンテーラとミウラ、そしてRX500は永遠のヒーローです」「世代じゃないけど、フェラーリやランボルギーニに負けないデザインだね」など、世界の名だたるスーパーカーと並べても全く見劣りしないスタイリングを改めて評価するコメントも。

 そのほか、「マツダならではのモノ造りへのこだわりを感じる」「でも過去のコンセプトカーを2024年に展示して何を伝えたいんだろう?」「もしかして同時に展示するアイコニックSP、本当に発売するのかな、待ち遠しいですよ。」など、新型ロータリースポーツの市販化を予想する声もあり、ファンからの期待が最高潮に高まっていることがうかがえます。