ホンダ新型「ヴェゼル」発売! 斬新“ゴツゴツグリル”の「アクティブスタイル」がカッコいい! アウトドア仕様の反響は?

ホンダ「ヴェゼル」のマイナーチェンジモデルが2024年春に発売されます。新設定の「ハントパッケージ」をさらにアウトドア仕様にする「アクティブスタイル」にはどのような反響が寄せられたのでしょうか。

「ハントパッケージ×アクティブスタイル」でヴェゼルがゴツSUVに!?

 ホンダのSUV「ヴェゼル」がマイナーチェンジを受け、2024年春に発売されます。
 
 今回のマイナーチェンジでヴェゼルはフロントグリルやフロントバンパーを変更。シンプルでクリーンなスタイリングを維持しながら、存在感のあるスタイリングに一新されます。
 
 またデザイン変更に加えて、新たな仕様を設定。「e:HEV X」をベースに、アウトドアテイストを高めた「HuNT(ハント)パッケージ」が追加されます。

 ハントパッケージの外観は、専用のルーフレールやアルミホイール、フロントロアガーニッシュを装備。インテリアも専用カラーを採用し、アウトドアシーンにマッチするパッケージとしました。

 そんな新型ヴェゼルに対して、ホンダ車の純正パーツを手掛けるホンダアクセスは新たなアクセサリーパーツを発表しています。

 新たなスタイルとして「スポーツスタイル」「アクティブスタイル」を設定したほか、従来モデルでも好評だった「アーバンスタイル」「カジュアルスタイル」を引き続き設定し、4つのエクステリアコーディネートを提案します。

 なかでも、ハントパッケージと相性が良いアクティブスタイルは、SUVらしいアウトドアテイストを際立たせ、屋外のフィールドにも映えるアクセントアイテムが個性を主張するエクステリアコーディネートです。

 外観のアイテムでは、エッジ部分までベルリナブラック塗装とすることでアクティブ感を高め、内側をゴツいパターンとした斬新な「フロントグリル」や、ネイチャーテイストのグラフィックに「VEZEL」ロゴをあしらい、アウトドアフィールドにも映える「ボディーサイドデカール」が設定されました。

 ほかにも、ユーティリティアイテムとして「ラゲッジトレー」や「シートバックトレー」をラインナップ。汚れたギアも気にせず積み込むことができ、アクティブなアウトドアシーンでの使い勝手をさらに高めます。

 このアクティブスタイルについてSNSでは「おー! カッコイイ!」「精悍さが増した感じ」「ハントパッケージに付けたい!」など、アウトドア感をアップさせるアクセサリーパーツは好評のようです。

※ ※ ※

 ハントパッケージの新設定に加えて、上級グレード「e:HEV Z」には「PLaY(プレイ)パッケージ」が新たに登場し、パノラマルーフの有無が選べるようになったほか、AWD車(全輪駆動)もラインナップされます。

 さらに、ハイブリッドシステム「e:HEV」も改良され、エネルギーマネジメントの制御をアップデートすることでエンジン音を低減させつつ、ドライバー操作に対する応答性をより向上し、スムーズで力強い走りを磨き上げました。

 また、先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」は、「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」「急アクセル抑制機能」「アダプティブドライビングビーム」の3つの機能を追加することで、さらに安心・快適な走りをサポートします。