全長4.4m切り! マツダ“新”「小さな高級SUV」登場! めちゃ上質内装の「ナギサ」も設定!? 新「CX-30」スペインで発表

マツダのスペイン法人は2024年4月1日、2024年モデルの「CX-30」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

装備充実のグレードが新設定…

 マツダのスペイン法人は2024年4月1日、新「CX-30」(2024年モデル)を発表しました。
 
 新たに「エクスクルーシブライン プラス」が追加されています。

 CX-30は2019年3月に発表されたコンパクトSUVで、従来から販売されている「CX-3」とミディアムサイズSUV「CX-5」の中間に位置しています。

 マツダの新世代商品第二弾としてデビューし、日本だけでなく欧州や米国、アジア地域でも展開されるグローバル車種のひとつです。

 デザインはマツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」を採用。インテリアは上質感を高めたカラーリングを設定し、クラスを超えた質感を実現しました。

 ボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベースは2655mmです。

 パワーユニットには、新技術「e-SKYACTIV-X」を採用し、高回転の伸びと高トルク、低燃費、高応答性を実現。これとマイルドハイブリッドシステムを組み合わせています。

 さらに通常の2リッターガソリンマイルドハイブリッドシステム「e-SKYACTIV-G」、1.8リッターディーゼルターボ「SKYACTIV-D」も用意します。

 駆動方式は2WDのほかに4WDも設定しています。

 2024年モデルのスペイン仕様車では、18インチアルミホイールやデュアルゾーンエアコン、前後シートヒーターなどを装備する中間グレード「エクスクルーシブ ライン」に、フルLEDアダプティブヘッドライトや360度モニター、BOSEサウンドシステムを追加したエクスクルーシブライン プラスが新設定されました。

 また、レッドステッチが施されたブラックのシートや電動テールゲートが装備される「HOMURA(ホムラ)」、および最上級グレードでブラックメッキのグリルガーニッシュやブラック×テラコッタのレザーシートを装備する「NAGISA(ナギサ)」も引き続き設定されます。

 2024年モデルの新CX-30の価格は3万590ユーロ(約500万円)から4万2490ユーロ(約694万円)に設定されています。