トヨタ「新型プロボックス」発表! 約150万円から買える「商用バンの皇帝」登場! “ハイテク機能”搭載した姿に「使い勝手サイコー!」の声あつまる

トヨタは2024年4月5日、商用車「プロボックス」を一部改良し発売しました。SNSでは同車についてどのような評価が見られるのでしょうか。

「商用車の皇帝」が新型になった!

 2024年4月5日、トヨタは商用車の「プロボックス」を一部改良し発売しました。
 
 同車についてSNSには一体どのようなコメント寄せられているのでしょうか。

 プロボックスは、2002年に発売した商用ライトバン。

 大規模なマイナーチェンジやハイブリッド仕様の追加など、入念な改良によって商品力を高めながら22年間にわたって販売され続けています。

 ボディサイズは、全長4245mm×全幅1690mm×全高1525mm(2WD車)。

 パワートレインは、1.3リッター直列4気筒エンジンや1.5リッター直列4気筒エンジンのほか、商用車としては珍しくハイブリッド仕様も用意し、好みのタイプを選択することが可能です。

 そんなプロボックス最大の特徴は、高い経済性や使い勝手の良い荷室など、商用車に求められる要件を追求した点。

 例えば荷室には、A4コピー用紙箱を89個積載可能。荷室の形状を工夫することで、1800mm×900mmのコンパネも平積みで積載できます。

 また運転席周辺の装備も工夫され、スマートフォンが固定できるマルチホルダーや、1リットルの紙パックも入るドリンクホルダー機能付きセンタートレイ、さらにA4サイズのノートパソコンや弁当箱などを置けるインパネテーブルも採用しました。

 くわえて、業務で長時間運転するドライバーの疲労を軽減するため、フロントシートの形状について配慮されている点も忘れてはいけない特徴でしょう。

 今回、プロボックスに一部改良として加えられた変更点は、バックモニター機能を内蔵した自動防眩ルームミラー(インナーミラー)を標準装備したこと。

 これは、左側にモニターを内蔵した構造のルームミラーを全車に取り入れたもので、後退時には車両後部のカメラで撮影した映像がルームミラーに表示されるため、車両後方の視認性が向上します。

 プロボックスは商用バンゆえ、従来は「大きな荷物を積載した際にルームミラーで後方が確認できない」という状況も考えられましたが、今回の改良によってそのような悩みが解決し、より安全に運転できるモデルに進化したといえるでしょう。

 一部改良を受けた新型プロボックスの車両価格(消費税込)は、ガソリン仕様が152万9000円から193万9000円、ハイブリッド仕様が182万8000円から205万2000円です。

※ ※ ※

 この新型プロボックスについてSNSでは、「値段がすごく安く思える。トヨタ頑張ってるなぁ」「この値段と性能で乗用車も出たら、買う人多いはず」「22年目でまだまだ進化するのか」「間違いなくナンバーワンの商用車!」など、近年のモデルとしては抑えめな価格や進化し続ける姿勢を高く評価する投稿が見られます。

 その一方で、「クルーズコントールが無いのが残念」「こういう商用ライトバンにこそ、足の動きでバックドアが開いたり電動スライドドアが必要だと思うんです」「新しいパワートレインを載せて欲しかったな…ヤリス系の3気筒エンジンとか」「ハイブリッドに4WDが組み合わせられない」「昔はディーゼルの4WDやMTがあったのにいつの間にか消えちゃった。復活させてよ」「たまにもう少し全高があればって思うことがある。ハイルーフの設定があってもいいんじゃないか」「GRプロボックスを発売してほしい」といった、さらなる機能や装備、グレードの充実を求める声も少なくありません。

 しかし同時に、「プロボックスは走りといい燃費といい最高です。新しいのものばかりでなく、こういう製品を大事に長く作り続けて欲しい」「この前乗ったら運転しやすいし疲れなかった」「今まさに乗ってるけど運転席周りも使い勝手良いし、まさしく箱なので広い。車はこれで十分だわ」という、現行モデルの構造を維持したまま長く作り続けて欲しいというコメントも多数。

 プロボックスは様々な環境で激しく使用される人気の商用車だけに、多岐にわたるユーザーから厳しい要望が常に寄せられていることがよく分かる内容でした。