トヨタ「和製スーパーカー」登場! 1400万円「謎のシュバルツァー」とは? 意外なトヨタ車がベースだった

世界に1台しかないコンプリートが、中古車情報サイトに掲載されて話題になっています。いったいどのようなクルマなのでしょうか。

スーパーカー以上の迫力と動力性能を獲得したJZA80スープラ

 トヨタ「スープラ(JZA80)」をベースにした世界に1台しかないコンプリートが、中古車情報サイトに掲載されて話題になっています。
 
 いったいどのようなクルマなのでしょうか。

 スープラはトヨタのフラッグシップスポーツカーとして、1978年に初代モデルが誕生しました。

 直列6気筒エンジンの搭載、FRレイアウトの採用は初代から現行モデルの5代目まで、一貫して継承されています。

 とくに3代目スープラの70系ではフラッグシップモデルの演出のため、ブリスターフェンダーや3リッターエンジンを採用するなど数多くの改良を重ねました。

 また高出力化にも磨きをかけて最上級グレードの2.5GTでは、当時の自主規制である最高出力280psを達成するほどです。

 そして、スポーツカーとしての資質を底上げしたのが、1993年に誕生した4代目スープラ(JZA80)になります。

 パワートレインは3リッターの自然吸気とターボのラインナップで、ターボの最高出力は280ps、0-100km/h加速は4.6秒を実現しました。

 パワーに対応するべくボディも進化し、先代比で全長は10mm短くなった4520mm、全幅は65mm拡大された1810mm、全高は25mm下げられた1275mmとなりました。

 そしてエクステリア最大の特徴は、当時のクルマとしては異例の大きさのリアスポイラーを装着することで、空気抵抗係数であるCd値は世界トップレベルである0.30を達成しました。

 さらに燃料タンクをトランクルーム下に配置することで、前後重量配分を限りなく50対50に近づけることに成功します。

 ほかにもJZA80スープラは高い運動性能を誇るだけでなく、映画ワイルドスピードに登場したことで世界中で注目を集めるクルマになりました。

 そんな根強い人気を誇るJZA80スープラですが、世界に1台しかないフルコンプリートカーが中古車情報サイトに掲載されて話題になっています。

 そのクルマは「SUPRA Super Wide Body Schwarzer(シュヴァルツァー)」で、1998年式のJZA80スープラをベースに製作されました。

 特筆すべき点は、スープラの面影が全く無く、バンパー、ドア、ボンネット、フェンダーなどのルーフ以外の外装パーツは、すべて完全オリジナルのパーツで制作されていることです。

 ボディサイズは全長4520mm×全幅2060mm×全高1195mmで、とくに全幅はスーパーカーのようなワイドボディとなりました。

 また、乗降性向上のため、ランボルギーニのようなガルウイングドアを採用しています。

 リア周りのディフューザーや丸目2灯のテールランプはフェラーリを彷彿とさせるもので、Schwarzerがただならぬ存在であることをアピールしています。

 パワートレインも給排気系のチューニング以外にHKSカムシャフトやブースト圧の変更で最高出力612ps、最大トルク88.0 kg・mまで高めました。

 もちろんハイパワーに対応すべく、サスペンションやブレーキ周りの換装、及びロールバーの装着など全てにおいてコンプリートされています。

 このような唯一無二のSchwarzerですが、どういった経緯でこの車両取り扱いに至ったのでしょうか。

 希少な高級スポーツカーを取り扱う「スクーデリア ミラージュ」の担当者は以下のように話します。

「アブフラッグ(Schwarzerの開発)を運営していた会社に、スープラのオーナーが自分のクルマを‘’世界で一台のデザインにしたクルマにしてほしい‘’ということで待ち込まれました。

 しかし、乗る機会がないとのことで当店で委託を受けました」

 また、カスタムをした点でこだわっているポイントについて、前出の担当者は以下のように話します。
 
「外装は全てオリジナルの形にしたいということで、ノーマルの部分をほとんど残さないというコンセプトで製作されました。

 また、エンジン本体も300キロくらいは出るようにチューニングされてます。

 ベースがスープラだとはなかなか気づかない出来上がりになっており、まさに世界で一つのデザインとなっております」

※ ※ ※

 今回の車両の走行距離は8万3000kmで、価格は1408万円になっています。

 ほかにもスクーデリア ミラージュではアブフラッグのGT-Rワイドボディも1050万円で取扱中です。