新車発売当時は不遇の扱いだった6代目S14

後に「シルビアでドリフトするならS14が最高」という再評価まで聞こえるようになったS14だが、不遇の時代は長かった
出典:flickr.com Author:Arild Andersen CC BY 2.0

国産小型FRスポーツといえば、マツダが長年ロードスターを作り続けていますし、後発組ではトヨタ GR86/スバル BRZがあるものの、「2リッター級ターボエンジンを積む小型FRスポーツクーペ」となれば、日産 シルビアがおそらく最後でしょう。

おかげでファンも多いクルマで、MOBY編集部がAIに聞いた「30~50代のクルマ好きが興味を持つ名車」にもノミネートされる歴代シルビアですが、その世代が青春時代に世話になった、あるいは憧れだったのは5代目S13~7代目S15の頃。

その中で、様々な事情から長らく不人気車としての不遇な扱いを受けた6代目S14シルビアでしたが、今では「実は意外と悪くない」と再評価されていたりします。

(広告の後にも続きます)

もはやデートカーでは売れない…?!

単に軟派で線が細いデートカーだからというより、今思うとS13より間延びしてグラマラス感が不足したデザインも不振の原因だったかもしれない

1993年10月に6代目S14へとモデルチェンジしたシルビアですが、当時のプレスリリースを見ると、「意のままの楽しい走りとセンスの良さを徹底追求したスタイリッシュなスポーツクーペ」がコンセプトだとしています。

一見すると先代S13の路線を踏襲したスポーティなデートカーと思わせますが、そのS13は「感性が豊かで、自分の個性を主張する若いデート世代のカーライフを想定。」と、明確にデートカーだと主張していたのに比べて、軟派な雰囲気をあまり表に出していません。

1991年に崩壊したバブル景気は、1993年のS14発売当時だと一般にはまだ、あまり深刻なものとは思われておらず、「そのうち何とかなるのでは?」という空気がまだ残ってはいました。

当時の筆者など、高校3年生の時(1992年)にディスコやライブハウスとして、「東京のニューウェーブ・エンタメの聖地」のように憧れたMZA(エムザ)有明が閉鎖され、館内が廃墟になっていた報道写真を見て、「もしかしてヤバイ?」と思っていた程度です。

しかし、バブル崩壊によるハイソカーや4ドアハードトップのブーム終焉と同時に全盛期を迎えたRVブームはそれまでのスポーティなセダンやクーペからデートカーの地位を奪っていました。

日産もそのへんの世情は把握していたのでしょう。S14シルビアをデートカーとして売り込む気がなさそうなのはプレスリリースからも明らかで、走りが気持ちよくカッコいいスポーツクーペという点を強調しています。

しかし3ナンバーボディに拡幅してゆったりした車内、エレガントなデザインは「アートフォース」を謳った先代S13の、”デートカーとして”正当な後継車である事は明らかです。

「デートカーとして作ったのに、デートカーとして売り込めない」、当時の販売企画担当者は、相当に胃が痛い想いをしたのではないでしょうか。

日産のロータリーエンジン搭載予定車はアノ車だった!「ニューシルビア」ことS10/S11型シルビア【推し車】