トヨタ新型「クラウンマジェスタ」登場! 最上級ブランド復活!? 日本導入も期待される「MAJESTA」 実質“後継”モデル、反響は?

2023年に「クラウン マジェスタ」の名がサウジアラビアで復活しました。いったいどのようなモデルなのでしょうか。

クラウンの中でも特別なモデル「マジェスタ」が再登場

 かつて、トヨタ「クラウン」の最上級モデルとして存在していた「マジェスタ」。
 
 2023年には、その名がサウジアラビアで復活しました。いったいどのようなモデルなのでしょうか。

 1990年代にとくに人気の高かったカテゴリがセダンで、多くのメーカーがメインで開発をしていました。

 もちろん世界のトヨタも例外ではなく「カローラ」を派生した「マリノ」や「セレス」のほか、スポーティセダンの「アリスト」や「アルテッツァ」など多くのバリエーションを展開していました。

 さらに同社フラッグシップモデルのセルシオが登場したことで、高級サルーンの「クラウン」との間を埋めるべく登場したのが「クラウン マジェスタ」です。

 初代クラウン マジェスタは1991年に登場し、クラウンのV6、3リッターエンジンとセルシオのV8、4リッターの2種類のエンジンを搭載したモデルで登場しました。

 内装も豪華で、シートトリムにはオールウールジャカードモケットを採用するなど、クラウンと差別化が図られていました。

 その後、1995年に登場した2代目クラウン マジェスタでは、直線基調のエクステリアになり、テールランプも縦型の個性的なものに変更となりました。

 また、安全面でも機能向上がみられ、4WDモデルでは車両安定制御VSCを採用することで、横滑りを抑えてクルマの安全性が高まりました。

 1999年に登場した3代目クラウン マジェスタは、全長と全幅はほぼ同じながら、全高を高めることで居住スペースが拡大。

 また2代目クラウン マジェスタまではハードトップだったのに対して、3代目クラウン マジェスタでは窓枠のないセダンになり重厚な雰囲気になりました。

 そして、2004年に誕生した4代目クラウン マジェスタはさらに高級路線にシフトし、パワートレインは4.3リッターのV型8気筒のみとなります。

 インテリアのウッドパネルも木目調ではなく、天然木を採用するなど質感の向上を果たしています。

 その後の2009年に誕生した5代目クラウン マジェスタでは、全幅が1810mmまで拡大し全長も含めて初代セルシオに近いサイズになりました。

 しかし6代目クラウン マジェスタが誕生した2013年にはセダンは縮小傾向で、かわりにミニバンがブームとなる時代が到来します。

 これまでマジェスタは独立した車種として展開されていましたが、6代目クラウン マジェスタからはひとつのグレードとして取り扱われるようになります。

 そして、2018年に6代目クラウン マジェスタが販売終了と同時にマジェスタの名前も姿を消すことになりました。

 しかし5年の時を経て、2023年にクラウン マジェスタの名前がサウジアラビアで復活します。

 現在、サウジアラビアで販売されているのはクラウンとして16代目シリーズとなる「クラウン クロスオーバー」のみで他のモデル(スポーツやセダン)は導入されていません。

 そのクラウン クロスオーバーの最上級グレードにマジェスタの称号が与えられました。

 もともとマジェスタは英語で威厳や尊厳を意味する「MAJESTY」からの造語で、日本のクルマ好きなら馴染みの言葉です。

 今回のマジェスタの復活はサウジアラビアでの事例ですが、国内でもSNS上で多くの反響の声が寄せられました。

「マジェスタの名前復活は嬉しいです」や「マジェスタ好きなので激アツです」など復活を喜ぶ声で賑わっていました。

 ほかにも「マジェスタ復活がサウジアラビアとはたまげた」や「サウジアラビアとクラウンの組み合わせは僕の完全な想定外でした」と日本ではなく海外での復活に驚きが隠せないコメントも寄せられていました。

 一方で「13クラウンみたいな風格をまとえないかな?マジェスタ出ても名前だけでしょ。もっとクラウンって感じを出してほしいです」など現代版のマジェスタに異論を唱える声も見受けられました。

※ ※ ※

 今回のクラウン マジェスタはサウジアラビア現地で22万9195SAR(サウジアラビア・リヤル)で日本円でおよそ871万円となっています。

 なおサウジアラビアのクラウン クロスオーバーは2つのグレードで展開されていて、標準モデルの「プレミアム」が2.5リッターハイブリッド、マジェスタが2.4リッターハイブリッド+ターボで展開されています。