【素朴な疑問】MT車、変速しなかったらどうなる?

©兼佑 山本/stock.adobe.com

ほぼすべての車にはトランスミッション(変速機)が備わっていて、MT車やAT車の場合は基本的にローギア(1速)で発進しますよね。ベルトで無段変速するCVT車の場合は“仮想ローギア”といえる状態で発進します。

で、通常は速度に応じて2速、3速とギアを上げていく(CVT車の場合は無段階で変速していく)わけですが、仮に変速しなかったらどうなるのでしょうか?

たとえば、高速道路をローギアのまま走り続けたらどうなる……?そんな素朴な疑問の答えを探ってみました。

“ガソリン車よりも長寿命”は間違い?いまさら知らないとは言えないディーゼルエンジンの長所

(広告の後にも続きます)

高速道路をローギアのまま走り続けたら?

ローギアで高速道路を走り続けたらどうなるのか。結論からいうと、車が故障するか、事故を起こす可能性が高いと考えられます。

というのも、ローギアで出せる速度には限界があり、無理な高速走行はエンジン故障、または追突事故の原因となるからです。

ローギアで出せる速度の限界

車で出せる速度は「エンジン回転数÷変速比÷最終減速比×(タイヤ外径×3.14÷1000)×60÷1000」で算出できます。

この計算式にトヨタ GR86(SZグレード・MT車)の数値を当てはめたところ、1速でレッドゾーン入り口(7,500rpm)までエンジンを回したときの速度は約59.4km/h(理論値)となりました。

また、日産 GT-Rの各ギアの最高速度を検証した動画によると、1速で出せる速度は60km/h程度のようです。日本車最速クラスのGT-Rでこの速度ですから、ほとんどの車は1速では高速走行に適した速度を出せないと考えてよいでしょう。

なお、AT車やCVT車のローギア(Lレンジ)は、MT車の1速より広い速度域をカバーする場合があります。モデルによってはLレンジで70km/h程度まで出せるかもしれません。

教習所「かかとを浮かせ」先輩「かかとをつけろ」ブレーキの踏み方どっちが正しい?