ローギア高速走行で起こる故障とは?

©tonjung/stock.adobe.com

ローギアで高速道路を走り続けると、走行速度が遅すぎて、後続車に追突される可能性があります。追突されなかったとしても、低すぎるギアでの走行により、車に何らかの故障が起きかねません。

滋賀県で自動車整備業を営むRさんによると、「ローギアで速度を出して走り続けるとエンジンがオーバーヒートするかもしれない。そこまでならなかったとしても、高温と高負荷によってオイルが傷んでしまうでしょうね」とのこと。

オーバーヒート(過熱)の状態で走り続けると、エンジンが焼き付いてしまい、走行不能になる可能性があります。高速道路で車が動かなくなると大変危険ですし、レッカー移動や修理に多額の費用を要することになります。

また、Rさんによると「エンジンに異常な負荷をかけたら早めにオイル交換したほうがいい」そうです。ローギアで高速道路を走っても、いいことは1つもなさそうですね。

整備業者は「早め」、メーカーは「推奨時期」…エンジンオイル交換時期の正解は?

(広告の後にも続きます)

高速道路で誤ってローギアに入れたらどうなる?

©望菜 竹内/stock.adobe.com

ローギアでの高速道路の走行は避けたほうが賢明。ただ、高速走行中に誤ってローギアに入れてしまうこともあるかもしれません。

たとえば、小排気量のMT車で登り坂に差し掛かり、速度維持のため5速から一気に3速に落とそうとして1速に入れてしまう、なんてことは起こり得ます。

また、マニュアルモード付きのAT車やCVT車で再加速しようとして、シフトダウンパドルを押し過ぎて1速まで下げてしまう……なんて操作ミスもあり得るでしょう。こうしたミスをすると、車はどうなってしまうのでしょうか?

MT車はシフト操作に要注意

近年のAT車やCVT車はトランスミッションが電子制御されているため、イレギュラーな操作はコンピュータによりキャンセルされます。もし高速道路で誤ってローギアに入れても、シフトチェンジはされないと考えてよいでしょう(車種によります)。

一方、MT車の場合は注意が必要。高速走行中に1速に入れると、エンジン回転数の急激な上昇とともに、強力なエンジンブレーキが発生します。

これにより車体がスピンして制御不能になりかねませんし、後続車に追突されるかもしれません。また、エンジンやトランスミッションが過大な負荷を受けて故障する可能性もあります。

高速道路で1速に入れるようなシフトミスは滅多に起こらないでしょう。とはいえ、万が一のこともあります。もし高速走行中に誤って1速に入れてしまったら、落ち着いてクラッチを切り、高めのギアに戻してください。

なお、公道での実験的な運転操作は危険を伴うので絶対NGです。だだっ広く安全な私有地をお持ちの方以外は、思考実験にとどめておくことをおすすめします。

眩しすぎる車、あの便利機能が原因?「基本はハイビーム」ルール以外の盲点

「ハイビーム利用車」なぜ増えた?実は交通教則だけじゃない、あの便利機能が原因?

ハザードランプ点けっぱなし駐車、何分でバッテリーが上がるの?

「嘘でしょ」ハザードランプ点けっぱなし、どれくらいでバッテリーが上がる?

シフトレバー、信号待ちで「N」に入れるのが正しい?「D」のまま?

あなたはどっち?信号待ちで「N」に入れる?「D」のまま?メーカーに聞いてみた