トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?

トヨタ車の開発・生産をおこなうトヨタ車体は、「ジャパンモビリティショー2023」で斬新な「スライドドアSUV」のコンセプトカーを公開しました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

ありそうでなかった!? 「スライドドアSUV」がスゴい!

 昨今は「ミニバン」や「軽スーパーハイトワゴン」などのスライドドア搭載車が人気となっていますが、そんななかトヨタ「ランドクルーザー」「アルファード」「ハイエース」といった車両の開発から生産を手がける「トヨタ車体」は、SUVとミニバンを融合した画期的なモデルを公開しました。
 
 それが、2023年10月に開催された「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開された「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト、以下クロスバン ギア)」です。

 クロスバン ギアは、ミニバンの大きな室内空間とSUVのアクティブさを掛け合わせたコンセプトカーです。

 ボディサイズは全長4695mm×全幅1820mm×全高1855mm。エクステリアは、直線基調で角張ったスタイリングを採用し、ツヤ消しブラックのバンパーやフェンダーなど、タフでワイルドなSUVらしいデザインとしました。

 インテリアは、シンプルに仕上げた運転席まわりにブルーとライトグレーの明るいカラーを採用。ガラスルーフを備えることで、開放的な室内空間を実現しています。

 また、3列シート6人乗りとし、ロングスライド機能を持つ助手席は回転させることが可能。2列目の背面はテーブルとしても使用できるなど、6つのパターンのシートアレンジでさまざまな用途に対応可能です。

 そんなクロスバン ギアコンセプトで最大の特徴となるが、車両の両サイドに設けられたドアです。

 前席側は新型「センチュリー」のようなアイシン製のリンクドアを採用し、後席側はレール付きのスライドドアを採用。Bピラーはなく、前後ドアを開くと大きな開口部が出現します。

 この大開口のドアから、自転車のような大きなものや、釣り竿・サーフボードなどの長尺物もラクに積み下ろすことが可能となり、趣味の道具を載せる人などに重宝される機構といえるでしょう。

 かつてトヨタは、「Tjクルーザー」というスライドドアSUVのコンセプトカーを「東京モーターショー2017」に出展。

 しいて言えば、悪路性能に定評がある三菱「デリカD:5」がスライドドアSUVに当てはまるかもしれませんが、ほかには例がないといえ、Tjクルーザー登場時は大きな話題を呼びました。

 Tjクルーザーの公開から6年が経過し、より現実的な姿のクロスバン ギアがお披露目されたことで、市販化を望む声が挙がっています。

 SNSでは、「クロスバン ギア欲しい~」「クロスバン ギアが新型として発売されたら絶対に買う」といった、購入に前向きな投稿があるほか、「スライドドアだから車庫が狭くてもどうにかなりそう」「家族構成的にミニバンが最適なのだけど、SUVが好きだから乗り換えたくなかった私のニーズに合ってる」など、ありそうでなかったスライドドアを備えたSUVのニーズはかなり高そうです。

 実用的なパッケージングを実現したクロスバン ギアが量産モデルとして販売されるのかどうか、今後の動向が注目されます。