スズキが新型「軽バン&軽ワゴン」発売!  2年ぶり刷新でターボ&CVT採用!? アンダー120万円で登場、反響は?

2024年2月27日に一部改良が施されたスズキの軽商用バン「エブリイ」、軽ワゴン「エブリイワゴン」が販売開始されました。

一部改良が施されたエブリイ、エブリイワゴン!様々な面で快適度が向上!

 スズキは2024年2月27日に一部改良された軽商用バン「エブリイ」、軽ワゴン「エブリイワゴン」を発売しました。
 
 走行性能だけでなく、車内快適度も向上し、更に新グレードや新カラーの登場によりスズキの販売店に様々なお問い合わせが来ているようです。

 エブリイ、エブリイワゴンはそれぞれ積載能力が高く室内空間も快適ということで幅広い人から支持されています。

 最近では室内空間の広さから車中泊の観点でも注目されていて、アウトドアの趣味がある人からの人気が向上しています。 

 今回の一部改良が施された点での特徴として挙げられるのはCVT(自動無段変速機)が新設定された点です。

 これにより、従来の5速AGSや4速ATと比較すると燃費性能が向上すると共に静音性が向上しました。

 CVT車には電子制御式4WDが搭載されており、通常時は2WD、路面状況に合わせて4WD AUTO、4WD LOCKのいずれかのモードを選択できるようになっています。

 他にもぬかるみ脱出アシストが搭載され、悪路での走行性能が向上されています。

 また商用バンのエブリイでは新たに「JOINターボ」というターボエンジンが搭載された新グレードが設定。

 さらに運転席シートヒーターや助手席シートバックテーブルなど車内快適性の向上が施されています。

 安全機能面としては、スズキセーフティサポートが全車に搭載されることとなり、安全面でも改良が施されています。しかし、バンの中のグレード「PA」は非搭載となります。

 一方、軽バンのエブリィワゴンには新たな車体カラーが新設定されました。

 デニムブルーメタリック、モスグレーメタリックの2つが新登場する形となり、新たなカラーリングによるクールな印象が目を惹きます。

 他にもLEDヘッドランプやリモート格納機能が搭載されたLEDサイドターンランプ付ドアミラー、助手席シートバックテーブル、本革巻ステアリングホイールを全車標準装備としています。

 一部改良となったエブリイ、エブリイワゴンですが、実際に販売店にはどのような反響があるのでしょうか。

 関東圏のスズキ販売店担当者は次のように話します。

「お問い合わせをちらほらと頂いています。

 中でもお仕事でよくエブリイに乗っている人から問合せが多い印象です。

 その中では『CVTになったから走り心地が良さそうだし、燃費が更に良くなったのはありがたいなぁ』、『坂道とか荷物を積んで走る事が多いからJOINターボが気になる』などの声を頂きます。

 エブリイワゴンに関してはプライベート用にセカンドカーとして購入を検討されている人もいらっしゃいます」

 さらに、関西圏のスズキ販売店担当者は次のように話します。

「エブリイは現在仕事で乗車されている法人の人から多く声をいただいていて、ワゴンタイプは幅広い方々からのお問い合わせを頂いています。

 中でもアウトドアが趣味の方からのお問い合わせが多い印象です。

『新しい色のモスグリーンはキャンプに行くときに周りの自然の中に溶け込んでくれそうだから気に入ってる』、『車内の快適さが上がってるから遠出する時にうれしいね』などの声を頂いています。

 現在乗られている他の軽自動車から乗り換えを検討されている人も多い印象です」

※ ※ ※

 今回、エブリイ、エブリイワゴンは2月27日に発売されましたが、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」は3月21日より発売されます。

 価格はエブリイが119万7900円-181万9400円、エブリイワゴンが183万8100円-208万3400円です。

 なお納車時期は4月-5月が予想されています。