ホンダ新型「フィット」!? めちゃスポーティな「タイプR」仕様!? 迫力専用エアロ&3本出しマフラーがカッコイイ「コンパクトハッチ」のCGがスゴイ

ホンダのコンパクトカー「フィット」。国外の一部地域では「ジャズ」として販売されていますが、そんなフィットの本格スポーツモデルとなる「タイプR」を、Digimods DESIGN氏が予想、レンダリング(CG)を作製しました。どのような仕上がりなのでしょうか。

コンパクトカー「フィット」を本格スポーツ仕様にしたレンダリングに注目!

 フィットはホンダの人気コンパクトカーで、海外では「ジャズ」の名称で展開されています。

 Digimods DESIGN氏は、そんなフィットのハイパフォーマンスモデル「タイプR」を予想したレンダリング(CG)を作成しました。

 フィットは、2001年の誕生以来、二十数年にわたって生産を続けているコンパクトカーです。

 2007年に2代目、2013年に3代目が登場し、現行モデルは2020年から生産を開始した4代目となります。

4代目フィットは、初代から続く思想を継承しながら、「心地良さ」を徹底的に追求し開発されました。

 2022年10月にはマイナーチェンジを実施。この時、新たに「RS」モデルが登場しました。

 このRSはデザインや走りの質にこだわったスポーティグレードで、専用のフロントグリル、フロントバンパー、サイドシルガーニッシュなどを装備し、外観からも走りの良さを強調しています。

 パワーユニットには1.5リッターのDOHC i-VTECエンジンを搭載したガソリンエンジンモデルと、2モーターのハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したハイブリッドモデルを用意。さらに、進化した安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備し、より安全で快適な走行を実現しています。

 なおフィットは、日本だけでなく海外の一部地域では「ジャズ」の名前で展開され、多くの人気を集めています。Digimods DESIGN氏は、そんな世界で愛されるフィットをベースにタイプR仕様を予想したレンダリングを作成しました。

 タイプRは、ホンダがサーキットでも活躍できるようベース車の運動性能を極限まで強化したハイパフォーマンスモデル。これまでは「NSX」「インテグラ」「シビック」などといった車両に設定されています。

 今回のレンダリングでは、フロントグリルにはRSのデザインを適用。前後バンパーは「シビック タイプR」と同様のデザインを用いたものが採用されています。

 サイドスカートには、よりスポーティなデザインのものを装備するほか、ブラックアウトされたリアライト、三本出しマフラーが装備されるなど、さり気ないところまでしっかり“タイプR”の装いになっています。

※ ※ ※

 Digimods DESIGN氏は、これまでもホンダ「アコード」や米国版「オデッセイ」のタイプRをイメージしたレンダリングを発表しています。

 今回のタイプRは、本格的なスポーツカーにのみ与えられる仕様であるため、コンパクトカーのフィットに設けられる可能性は低いかもしれません。

 しかし、現実感の高い仕上がりなだけに、その存在を実現するカスタムパーツメーカーなどが現れることを期待してしまいます。