こんにちは!

着物でおでかけコラムライターのSAYAKAです。

寒さも和らいできて、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

着物でおでかけも楽しくなってくる季節!コーディネートを考えるだけでもうきうきしちゃいますね。

というわけで、ちょっと写真の襟元を見てみてください。

色や柄がついた「半襟」をつけてみました!

今回は、着物を着るのがもっと好きになる、ちょっとしたおしゃれポイント・半襟についてご紹介します!

顔周り&着物を華やかに!手軽にイメージチェンジ

半襟は、長襦袢という、着物の下に着る着物の襟に縫い付けて使います。

縮緬(ちりめん)の素材のものや、木綿、絣、絽などいろいろで、色や柄も豊富!

たいていは洗濯が可能です。

長襦袢を着る時、一般的には白い無地の半襟を付けるのですが、ちょっとしたおしゃれを楽しみたい時や、コーディネートに幅を持たせたいときは、今回のように付け替えてもいいんです。

私は、今回着用した白とグレーの半襟のほかに、こちらの写真のように白地に花柄、薄ピンク色に花柄という半襟を愛用しています。

こういった感じのものはいろいろな着物と合わせやすいので、「半襟を試したことがない」「ちょっとイメージチェンジに挑戦してみたい!」という“半襟ビギナー”の方にもおすすめです!

顔に近いので、薄い色を持ってくることで顔まわりが明るく見えるといううれしい効果も期待できます。

もちろん、柄や刺繍がたっぷり入った個性的な半襟を付けるのもOK!

いつもの着物でも、印象がガラリと変わるはずです。

着物をよく着る人のなかには、半襟を縫い付けるのが面倒だと感じる人もいますよね(私もそうです……)。

でも縫いしろは着物に隠れて見えませんし、長襦袢の襟に沿って、波打たず真っ直ぐに付いていれば縫い方はざっくりでもいいように思います!

安全ピンで数カ所止めたり、半襟専用の両面テープで貼ったりと、私の周りの着物愛好家のみなさんもいろいろな方法で半襟を楽しんでいますよ。

感想・まとめ

いかがでしたか?

たった数センチのことですが、ちょっと奥深い半襟の世界をご紹介しました。

手軽にできる着物のアレンジとして、さまざまな色や柄の半襟を試してみる楽しさを、ぜひ皆さんも体験してみてください!

来月のコラムの内容は、着物でおでかけレポートを計画中!

古い街並みや名所なども、着物を着て出かけると一段と楽しく感じられますよ。

それでは、次回の「着物でおでかけ」もお楽しみに!