ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場

ホンダのインドネシア法人は、インドネシア国際モーターショー2024(IIMS)で新型「ブリオ」を展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

インドネシアで人気を博す「ブリオ」がIIMS2024に登場

 ホンダのインドネシア法人は、ジャカルタで開催されるインドネシア国際モーターショー2024(以下、IIMS2024)で、新型「ブリオ」を展示しました。

 IIMS2024のホンダブースでは、「エネルギーを加速」をテーマに、2021年に世界初公開された7人乗り新型SUV「N7X」をテーマとした特別仕様車「BR-V N7Xエディション」をはじめ、新型「シビックRS」「アコードRS」など、さまざまな注目車種を展示しました。

 そのなかには、インドネシアでは支持が高いブリオもラインナップされています。

 ブリオは、ホンダが2011年からタイやインド、インドネシアなどで展開するコンパクトカーです。

 現行モデルは、2018年に登場した2代目で、2023年5月にはマイナーチェンジを受けた新型モデルが登場しました。

 新型ブリオのボディサイズは全長3795-3810mm×全幅1680mm×全高1485mmで、日本国内で販売されるホンダ「フィット」よりもやや小さく、インドネシア市場のホンダ車では最小かつ最安価なエントリーモデルという位置付けです。

 内外装は、シンプルながらドライバーの意欲をかき立てるようなスポーティさが特徴的で、機能面もマイナーチェンジによって新装備が加わるなど、より快適さがアップしています。

 グレードは標準の「サティアS」「サティアE」に加え、スポーティな「RS」の計3種を用意され、価格はサティアSが1億6590万ルピア(約158万円)から、RSが2億3390万ルピア(約228万円)からです。

 ブリオは、“安くて高性能”という点が多くのインドネシアのユーザーに支持されており、インドネシアでは現在まで累計50万台以上が販売されたほか、2020年と2022年には最も販売台数の多いクルマとしての記録を更新しています。

 日本ユーザーからも「うらやましすぎる」「日本で出たらバカ売れしそう」など、ブリオを熱望する声も多数見られているほどです。

 そんなインドネシアの国民車ともいえるブリオですが、IIMS2024ではサティアとRSグレードの各モデルが展示されました。

 なお、IIMS2024は、2024年2月15日から25日まで開催されます。