「未来の100年フード部門〜目指せ、100年!〜」に認定されている、山形県の「蔵王温泉ジンギスカン」。

昭和初期の山形では、羊毛生産のため各農家で緬羊が多数飼育されていました。戦後、化学繊維の普及に押されて羊毛が暴落し、行き場のない羊を持つ農家を救済する必要があったため、モンゴルの鉄兜で焼く羊料理を参考に、山形鋳物工場に鉄鍋の製作を依頼したのがはじまりとされています。

多少癖のある肉を美味しく食べる工夫を重ね、また独特のたれも考案。当時(昭和24年)新日本観光地百選山岳の部1位に選ばれた蔵王温泉の名物料理にと、このジンギスカンが考えられました。

蔵王では冷凍肉ではなく生肉を使用し、肉厚で癖のないジューシーな食感が楽しめるのが魅力です。蔵王温泉に6軒、蔵王の麓の蔵王地区と言われているところに2軒、山形駅前に1軒、現在でもジンギスカンを堪能することができます。各店毎に独自のタレで味わいが異なるため、様々なジンギスカンが楽しめるはずです。蔵王温泉エリアを訪れたらぜひ味わってみてください。

【100年フード】ページはこちら https://www.drivenippon.com/foodculture/food-yamagata/

【蔵王温泉観光協会】

http://www.zao-spa.or.jp