「青春18きっぷ」使いにくい北陸エリアの旅に便利? 三セク3社が乗り放題のフリーパス発売

ブツ切れになる元・北陸本線が乗り放題。

北陸本線の並行在来線3社がフリーパスを発売

 あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道、ハピラインふくいは、2024年2月15日、「あいの風・IR・ハピライン連携北陸3県2Dayパス」を発売すると発表しました。

 このフリーパスは、北陸新幹線の並行在来線となる第三セクター3社の路線が連続2日間、乗り放題となるもの。乗り降り自由となる区間は越中宮崎~敦賀間です。

 

 利用期間は、ハピラインふくいが開業する3月16日(土)から2025年3月31日(月)の土休日と大型連休などです。

 

 価格は大人2800円、小児1400円。MssSアプリ「tabiwa by WESTER」「my route」「RYDE PASS」で販売するとしており、駅窓口での販売はありません。

 

 デジタル乗車券画面を提示すれば、沿線の文化施設などで特典を受けることもできます。