静岡県島田市及び川根本町の大井川流域を現代アートの舞台とした芸術祭「UNMANNED無人駅の芸術祭/大井川2024」が、2024年2月10日(土)に開幕されました。会期は3月17日(日)までの37日間。鑑賞は無料です。

アートフィールドとなった集落で、無人と呼ばれる場所に生きる人々、息づく風土を間近で体感してみてください。

2018年から毎年開催され、今回で7回展となる同芸術祭。人口減少による地方の「無人化」、効率化や情報化による都市の「無人化」、と相反する局面で同時に進む「無人」を現代社会の象徴と捉え、静岡県島田市と川根本町という2つの市町の無人駅集落を中心に開催されてきました。無人と呼ばれる場に増えていく人の手の入らない空間と、無人と呼ばれる場で豊かに生きる人々の光。この2つを現代アートを通じ可視化することで、地域の再発見に導きます。

今年度は「東アジア文化都市2023静岡県」を契機とした韓国アーティストの参加や、「茶畑」「防霜ファン」「大井川」などの固有資源を題材とした作品、市内小学校が多数制作に参加した作品など、国内外で活躍する19組のアーティストによる計30作品が登場。地域性の高さや地域づくりの手法から注目を集め、美術手帖オンライン「今年注目の国際芸術祭」に3年連続で選出されています。

会期中は、パフォーマンスや公式ガイドツアーなどの各種イベントも併せてお楽しみください。

【開催概要】

タイトル:UNMANNED無人駅の芸術祭/大井川2024

会期:2024年2月10日(土)~3月17日(日)37日間 

鑑賞時間:10:00~16:00・鑑賞料:無料

会場:大井川流域各所(島田市・川根本町)

インフォメーション:「ヌクリハウス」(島田市川根町抜里930)

参加作家:東弘一郎、LEE LSO、Instant coffee、上野雄次、内田慎之介、かずさ、形狩りの衆、木村健世、小山真徳、佐藤悠、さとうりさ、獅子の歯ブラシ×女子美術大学、泰然+きみきみよ、TAKAGIKAORU、中村岳、ヒデミニシダ、前田直紀、森繁哉、力五山

主催:NPO法人クロスメディアしまだ(島田市日之出町4-1-1F「C-BASE」内)

<会期中のイベント(一部)>

・2月24日(土):森繁哉による「抜里版・竹取物語」…舞踏演舞の公演

・2月25日(日):赤坂憲雄による「大井川常民大学」…公演及び講座

・3月2日(土):「生土を纏う二人」…前田直紀×上野雄次ライブパフォーマンス

・2月11日~3月:芸術祭公式アート周遊バス…島田駅発着でめぐる芸術祭専用車の運行

・2月11日~3月:芸術祭公式ガイドツアー…メイン拠点である抜里地区を徒歩にてガイド

公式URL:https://unmanned.jp