秋田県の観光と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか? 全国的には「きりたんぽ」や「なまはげ」「秋田犬」などが有名ですが、そのほかにも隠れた魅力がたくさんあります。秋田を深く知れば知るほど、その良さを誰かとシェアしたいと思うはず。その時、思い浮かぶのは自分の大切な人なのではないでしょうか。

秋田県庁への出向経験もあり、自身も「大の秋田好き」というJALふるさとアンバサダーの渡邊さんが、“大切な人と楽しみたい特別な2泊3日の秋田旅”を案内します。

※価格は税込み表記です。

〈1日目 仙北市角館・大仙市〉
「ristorante giueme」で地産食材の力強さを実感

雪国らしい天候に恵まれた1月、旅は大仙市にある一軒家レストラン「ristorante giueme(リストランテ・ジュエーメ)」から始まりました。同市出身の佐々木章吾シェフが、秋田県産を中心とした食材を生かして腕を振るう人気店で、全国からファンが訪れます。

ランチBコースより「前菜と野菜の盛り合わせ」

注文したのは、7皿から成る「ランチBコース メイン料理有り」(7,260円)。

「前菜と野菜の盛り合わせ」に並ぶのは、鹿のテリーヌと秋田県・横手市産「紅の夢」の焼きリンゴ、同じく横手市十文字で育ち品質基準をクリアした上位10%のみの銘柄豚「十豚(じゅっとん)」。さらに横手市の在来種「沼山大根」、湧水で知られる秋田県・美郷町の「美郷れんこん」、「あきた伝統野菜」の「石橋ごぼう」や「チョロギ」など、色鮮やかで多彩な食材に1皿目から目を奪われます。

食材や料理の特徴を説明してくれた佐々木シェフ

一つ一つの素材の味は濃厚で、力強さや生命力を感じさせるものばかり。「丹精込めて作物を育てる農家さんがいるからこそ料理をつくることができる。この土地の個性ある食材を生かして、秋田の魅力を伝えていきたい」と佐々木シェフは話します。

2皿目の「その日のスープ料理又は温前菜」に続き、3皿目には秋田県で捕獲されたツキノワグマ、4皿目は秋田で獲れた鮭のイクラ、5皿目は鹿角市で自然放牧・自然交配されている「かづの牛」と、個性的で質の高い食材が次々と登場し、秋田の食文化の豊かさに驚かされました。

2皿目「その日のスープ料理又は温前菜」は、イタリア・ピエモンテ州の郷土料理「トフェイヤ」。豚のタン、足、耳、頬肉と、白インゲン豆を主とした野菜をスパイスと煮込んだスープ

3皿目「季節のパスタ料理」。イタリア・ウンブリア州の郷土パスタ・ウンブリチェッリに、ツキノワグマと冬野菜、キノコの出汁が染み込んだうまみたっぷりのひと皿

4皿目「季節のリゾット料理」は、大仙市T-FARMの無農薬ササニシキ玄米を発芽させて使用している。菊芋チップスや冬トリュフがアクセント。器は、湯沢市の漆職人が使用していた漆樽を横手市の木工作家が仕立てたもの

「メイン料理」のかづの牛のローストに添えられているのは、アサツキの若芽「ひろっこ」など秋田らしい食材たち

6皿目「ドルチェ」は、カルダモンの香り立つゴボウのカタラーナ(ブリュレ)。アニス風味のミルクジェラート、いちごソース、バルサミコソースと合わせると、いくつもの味の変化が

こうした食材の特徴や魅力一つ一つを丁寧に教えてくれるのも同店の魅力。

料理のサーブの際に、スタッフが資料を使用しながら説明してくれるため、旅の食体験が、より深いものになります。渡邊さんも、「料理のみならず、充実したサービスやスタッフの方々の人柄にも魅かれました」と感動の様子。

酒処・秋田県の日本酒の品揃えも豊富で、ペアリングを提案してくれます。写真左から、自社田で無農薬栽培された米で醸した秋田市・新政酒造の「農民藝術概論」、T-FARMの自然栽培米ササニシキを10%しか磨かずに生酛仕込みした大仙市・出羽鶴酒造「カゼノオト」、通常の3倍の麹米を使用し、黄麹と白麹をブレンドした大仙市・金紋秋田酒造の「純米原酒 X3 Blanc」です。

秋田の魅力をお客さまに伝えながら、同店が作り出しているのは非日常の空間。

「外とはまったく違う時間が流れていますので、ゆっくり過ごしていただきたいです」と佐々木シェフは話していました。

ご紹介したランチはもちろん、ディナーではさらに多くの食材を使用したコースを提供しています。大切な人と上質なひとときを過ごしに、ぜひ訪れてほしい一店です。

ristorante giueme

住所:秋田県大仙市戸蒔字谷地添100-1電話:0187-73-5053営業時間:ランチ11:50~15:00(料理は12:00から一斉スタート)
ディナー18:20~22:00(料理は18:30から一斉スタート)
※前日までの完全予約制・Webサイトからいつでも予約可能定休日:水・木曜web:ristorante giueme 公式サイト

(広告の後にも続きます)

国の伝統的工芸品の魅力に触れる「樺細工」

ランチを楽しんだら、400年の歳月を超えて江戸の町並みが残る城下町・仙北市角館(かくのだて)へドライブ。約40分で、城下町が造られた当時の驚くべき広さの道幅を持つ「重要伝統的建造物群保存地区」に到着します。

黒板塀が連なる武家屋敷に、雪景色が美しく映える角館。春には桜が咲き誇り、新緑や紅葉の名所としても知られます。

武家屋敷を見学したり、写真を撮ったりとまち歩きが楽しいエリアですが、ぜひ訪れてほしいのが、「角館樺細工(かばざいく)伝承館」。国指定の伝統的工芸品・樺細工は、「樺」と呼ばれる山桜の樹皮を用い、茶筒を主としたさまざまな製品を作る技術で、日本では唯一、ここ仙北市角館で伝承されています。

伝統工芸品展で最高賞を受賞した製品も並んでいました。

館内では、伝統工芸士や歴代名工の貴重な作品が展示されているほか、職人による製作実演を間近に見ることができます。

取材日に実演を行っていたのは伝統工芸士の荒川慶太郎さん

職人から教わることができる体験教室もあり、渡邊さんはコースター作りに挑戦しました。樺細工の製造工程でも使われる金コテを高温で熱し、水で温度を調節しながら山桜の樹皮を木地に接着していきます。温度が高すぎると繊維が剥がれてしまい、低すぎると接着できません。職人は適温を、金コテを水につける音で判断します。

熱した金コテで樺を接着します

体験では金型でくり抜かれた樺から好きなモチーフを選んで貼り付けることができます

乾かしたら完成。指導してくれた伝統工芸士の藤村浩美さんから贈呈してもらいました

館内にはおみやげコーナーもあり、樺細工製品を購入することができます。人気は茶筒。渡邊さんも「母はお花があしらわれたものが好きそう」と茶筒を手にとって選んでいました。

おみやげ品を販売する「物産展示室」

「茶筒中長散花」(12,100円)。調湿性に優れているため、茶葉の保管に最適。近年はコーヒー豆を入れて使う人も増えています

角館樺細工伝承館

住所:秋田県仙北市角館町表町下丁10-1電話:0187-54-1700営業時間:4~11月 9:00~17:00(入場は16:30まで)、12~3月 9:00~16:30(入場は16:00まで)定休日:12月28日~1月4日web:仙北市立角館樺細工伝承館(仙北市 公式サイト)

樺細工コースターづくり

料金:1名5,000円 ※10日前までに要予約。人数により体験料金が異なる申し込み:co-de@city.semboku.akita.jp(仙北市交流デザイン課)web:体験学習申し込み案内(仙北市 公式サイト)