JALふるさとアンバサダー 〔鹿児島支店〕 吉村

みなさんこんにちは!JALふるさとアンバサダー鹿児島地区担当の吉村です。
私は昨年10月より故郷である鹿児島に移り住み、まだまだ知られていない鹿児島の魅力を発掘しながら地域活性化に取り組んでおります。
今日は「鹿児島・北薩摩」をテーマとした、俺の株式会社と日本航空のコラボレーションイベントをご紹介します。

1.鹿児島・北薩摩地域について

鹿児島県北薩摩は北薩(ほくさつ)地域とも呼ばれ、鹿児島県の薩摩半島北部に位置しています。熊本県との県境に接する「阿久根市」、「出水市(いずみし)」、「薩摩川内市」、「さつま町」、「長島町」の3市2町で構成されています。

北薩地域の東シナ海に面した美しい海岸線沿いの地域では、ブリやアジをはじめとするさまざまな魚類、海苔やあおさなどの海産物が豊富であり、内陸の地域では、黒豚や黒牛、鶏、柑橘類の果物、タケノコなどの農畜産物が全国的に高い評価を受けています。この他、日本一の渡来数と種類を誇ると言われる出水平野のツルやさつま町のホタル、全国有数の温泉地、薩摩の武士が生きた出水麓や入来の武家屋敷群など、自然と観光資源に多く恵まれた場所です。

(広告の後にも続きます)

2.鹿児島・北薩摩のうまいものまつり 〔知られざる自然と美味いの宝庫 北薩摩〕

日本航空は「JALふるさとプロジェクト」の一環として、「俺の株式会社」とコラボレーションし、地域の食材や産品を紹介する取り組みを行っております。鹿児島県北薩地域振興局のご協力の下、「鹿児島・北薩摩のうまいものまつり〔知られざる自然とうまいの宝庫〕」と称し、北薩摩の厳選された食材を使用した「俺のフレンチ」全9店舗でのレストランフェアと北薩摩の特産品販売イベントを1月25日より開催しました。