「駐車違反の常習ドライバーがゴールド免許、なぜ?」

©️Ichiro/stock.adobe.com

「友人は過去に何度も駐車違反を犯しているにも関わらず、免許証は更新したうえでゴールド免許。無事故・無違反がゴールド免許になる条件のはずなのに、なぜ?」という問い合わせが読者の方から寄せられました。

過去5年以上無事故・無違反のドライバーでなければ交付されないはずのゴールド免許ですが、この話を聞くと、過去5年以上「無違反」であるように思えませんね。

それでもゴールド免許が交付されているのは、どのようなカラクリがあるのでしょうか?

「一瞬だけなのに」「誰にも迷惑かけてないのに」駐車違反に納得できない?

(広告の後にも続きます)

「軽微な違反」だからゴールド免許キープ?

©︎umaruchan4678/stock.adobe.com

ゴールド免許交付の条件は「過去5年以上に事故や違反がないドライバー」となります。5年以上、無事故・無違反で過ごしている優良ドライバーの証となるため、さまざまな優遇を受けることが可能です。

駐車違反は立派な交通違反となりますので、一度でも犯してしまえば、このゴールド免許交付の条件からは外れてしまい、今ゴールド免許を持っていても次回の更新でブルー免許に切り替え。自動車保険でゴールド免許割引を使っていたら、次の契約更新でその割引がなくなってしまいます。もったいないですね。

また、勘違いをしている人が多いのですが、軽微な違反は点数がリセットされる場合があるものの、なかったことにはならないため、どのような違反であっても1度でゴールド免許交付の対象ではなくなってしまいます。そのため、ゴールド免許は車を運転しない人ほど取りやすい免許となっているのです。

ゴールド免許のデメリットは特にありません。次の更新までの期間が伸び、更新時にかかる費用は安く、時間も短い。そしてもっとも大きなメリットが警察署で更新できるということです。免許の更新で免許センターに行くのが大好きで機会を増やしたいという人は、おそらくいないでしょう。できればゴールド免許を取得し、維持し続けたいものです。