日本の乗用車のほとんどは「ちょい乗り」に使われている

©Haru Works/stock.adobe.com

車は、遠くへの旅行などはもちろん、近くのスーパーやコンビニなど日常の買い物にも便利な道具です。徒歩や自転車に比べると体力の負担が少ない移動手段ですので、疲れているときや足元が悪いときなどは、移動手段の選択として車を優先して選ぶ人は少なくないでしょう。

明確な定義はありませんが、徒歩や自転車で移動するには遠いと感じるような、10kmに満たない程度の数分で到着する近場への移動を指して「ちょい乗り」という言葉が使われています。

日本の一般家庭が使う乗用車の走行距離は、平均して年間約6000kmとなっていますので、1日あたりにならすとその走行距離の平均は約16km。行きがあれば帰りもあることを考えれば、片道約8kmの移動に使われることが多いと言えるため、多くの車が「ちょい乗り」に使われていることがわかります。

徒歩や自転車よりも速く、体力的な負担は少なく、雨風もしのげ、両手いっぱいに買い物をしても帰り道に重たい思いをしなくて済むため、自転車を買うよりもずっと高い買い物ではあるものの、それに見合う見返りは十分に得られるでしょう。

しかし、こうした「ちょい乗り」は、ドライバーにとっては負担を軽くするものですが、車にとっては負担が大きい使い方となります。

確認すべきは「事故歴」ではなく「修復歴」

(広告の後にも続きます)

「ちょっと乗るだけ」は実は車への負担が大きい

©︎TWEESAK/stock.adobe.com

短い距離で始動と停止を繰り返す「ちょい乗り」のような使い方は、メーカーが指定する「シビアコンディション」に該当する場合があります。

シビアコンディションに該当する条件は、“車にとって”過酷な使用環境にあることを指し、モータースポーツのような車の限界性能に挑戦するような使い方や、重いものを牽引したり長い急な登り坂を走ったりといった運転など、エンジンをはじめとした車の部品への負担が大きい使われ方です。

激しい使い方であれば、車に負担が大きいことはイメージしやすいでしょう。しかし、ちょい乗りのような使い方はそうではないため、負担が大きいようには思わないという人もいるかもしれません。

しかし、実際には短い距離で始動と停止を繰り返すことは、エンジン内部にダメージが入りやすく、500kmを1回で走るのと5kmを100回走るのでは、走行距離こそ同じなもののエンジンにかかる負担が異なってくるのです。

車を高く売るために、やっちゃいけないこと3選