石川県の空の玄関口、小松空港。ターミナルビル内には10軒ほどお土産店があります。なかでも多いのが和菓子を中心としたスイーツ類。金沢市は全国的にも和菓子の消費量が多く、石川県は和菓子王国とも称されているのです。和菓子をはじめとするお土産の種類の豊富さに、もしかしたら悩まれるかもしれません。

そこで、小松空港のJALスタッフとOnTrip JAL編集部に調査を実施。お土産にピッタリな「誰かにあげたい」部門と、自分へのご褒美にもいい「自分用にほしい」部門の2部門に分け、和菓子のみならず購入して間違いのない、石川県のおすすめを計13点ご紹介します。

※価格は税込み表記です。
※2023年12月の調査をもとに記事を制作しています。販売元の営業休止や、販売店舗の営業時間の変更などで購入ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

INDEX

「誰かにあげたい」部門

「自分用にほしい」部門

北陸が誇る高級魚のどぐろを、魅力そのままに瓶詰めにした「のどぐろ生姜入りしぐれ煮」

「誰かにあげたい」部門 その1

540円/販売元:笠井食品

北陸が誇る高級魚として、近年全国的にその名が知られるようになった、のどぐろ。あかむつとも呼ばれる希少な海の幸を贅沢に使ってそぼろに仕立てた逸品です。甘辛くしっかり煮付けたほぐし身であるにもかかわらず、脂のりの良さがわかるから不思議なものです。噛みしめるごとに広がる濃密なうまみ、ピリッと辛い生姜、香ばしい食感のゴマ。複数のおいしさが渾然一体となった逸品です。

JALスタッフからひと言!
「ご飯との相性バツグンです。たっぷりまぶしてお召し上がりください」(OnTrip JAL編集部)

小松空港ショップ2F売店で購入可能

web:https://www.kasaifoods.co.jp

(広告の後にも続きます)

爽やかな甘みと濃茶の芳純な香りが楽しめるクリームサンド「こい茶」

「誰かにあげたい」部門 その2

8枚入1,113円/販売元:浦田甘陽堂

サクッと軽やかな小麦粉由来の瓦煎餅に、色鮮やかな抹茶風味のクリームをサンド。小気味良い食感とともに、爽やかな甘みと濃茶の芳純な香りが鼻に抜けます。和洋いずれのティータイムにも馴染むポテンシャルを感じるのは、日常に茶の湯文化が溶け込む金沢ならではの懐の深さ。旅先のカルチャーを忍ばせるお土産はいかがでしょうか?

JALスタッフからひと言!
「サクサクの瓦煎餅に濃密なクリーム……。伸ばす手が止まらなくなります」(OnTrip JAL編集部)

小松空港ショップ2F売店で購入可能

web:https://urata-k-store.shop-pro.jp