あまりに代償デカすぎた「ロシア兵器購入」 孤立するトルコ空軍、本当に「中パ製の戦闘機」を選択するのか?

米欧と距離とるとトルコ国産戦闘機にも影響が…

 加えて、トルコは初飛行を控えた国産の次世代ステルス戦闘機TFX「カーン」についても、搭載エンジンはヨーロッパ製のユーロジェットEJ200もしくはアメリカ製のゼネラルエレクトリックF110を採用しようと検討しています。

 EJ200やF110はユーロファイター「タイフーン」やF-16と同一のエンジンです。したがってトルコがJF-17を導入したら、さらに西側と距離を置くことに繋がるため、威信をかけて開発中のTFX「カーン」についてもエンジンでつまずく可能性が多分にあります。

 こうした理由から、筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)はトルコがJF-17を本気で導入する気があるのか、いささか疑問が残ります。結局のところ、トルコはどこかで西側に折れる必要があったと言えるでしょう。

 実際、トルコは紆余曲折を経てスウェーデンのNATO加盟の承認と引き換えに、アメリカからF-16V導入を引き出すことに成功しました。

 少なくともトルコは、F-35という世界で最も高性能な戦闘機の入手権利を失ったうえに、その穴埋めでユーロファイター「タイフーン」やF-16「ファイティングファルコン」といった欧米の第一線戦闘機すら、一時的とは言え入手困難になりました。

 トルコがパキスタン製JF-17を、本当に導入する気があったのかは怪しいところです。これは、ひょっとすると西側への対抗手段のために見せびらかす、いわば「当て馬」にしたのではないでしょうか。

 ただ、いずれにせよトルコがJF-17を検討せざるを得なくなったことは、同国の外交的失敗の証といえるのかもしれません。