“重要保安部品”に指定されている車のワイパー

@Dusan Kostic/stock.adobe.com

車の部品の中には、これに不具合がある場合は安全な走行に支障をきたすおそれがあるとする「重要保安部品」に指定されているものがあります。

止まるために必要なブレーキ、曲がる・避けるために必要なステアリングはもちろんですが、雨が降らなければ使わずに済むことが多いワイパーも、道路運送車両の保安基準(第45条)に「自動車(中略)の前面ガラスには、前面ガラス直前の視野を確保できるものとして(中略)自動式の窓ふき器を備えなければならない」として、重要保安部品に指定されています。

そのため、フロントガラスの拭き取り装置としてワイパーの装着は必須となっていて、ワイパーのゴムが切れている、ワイパーが動作しない、ウォッシャー液が切れているなどの不具合がある場合は車検不適合となります。

落ちそうでヒヤヒヤ!リアワイパーのビニール袋

(広告の後にも続きます)

フロントワイパーと違いリアワイパーの装着義務はない

©Himchenko/stock.adobe.com

フロントガラスのワイパーが重要保安部品に指定されているいっぽう、それ以外のガラスについてはワイパーを装着しなければならないという規定がありません。そのため、リアワイパーはモデルによってはそもそも装着の用意がない場合があるほか、装着はできるもののオプションや上位グレード向けの装備としてその選択は任意になっている場合もあります。

いずれにしても装着するにはお金がかかるため、リアワイパーの装着は車を高額化するための要素のひとつになると考えることは可能ではあります。では、リアワイパーが装着されていない車は、「装備をケチった車」と言えるのでしょうか?